ドラマ&映画 カテゴリ

10・5は“ジェームズ・ボンドの日” 最新ビジュアルと邦題発表

 10月5日は世界的な「ジェームズ・ボンドの日」(Global James Bond Day)。1962年にイギリス・ロンドンで『007/ドクター・ノオ』が公開された日を記念して制定された。この「ジェームズ・ボンドの日」にあわせ、最新作のオンライン用ティザーポスターが世界一斉解禁。さらに、邦題も『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に決定した。

 最新ビジュアルはジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグがボンドの代名詞とも言えるタキシードといういで立ちで何かを見つめる姿が収められている。

 シリーズ最新作は、前作から引き続きダニエル・クレイグ主演、キャリー・フクナガ監督、製作陣には「007」シリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜てきされることが発表され大きな話題を呼んでいる。

 さらに、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショーナオミ・ハリスビリー・マグヌッセンアナ・デ・アルマス、ロリー・キニア、ダーヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、そしてレイフ・ファインズらの出演が発表されている。

 ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じたシリーズ『007/カジノ・ロワイヤル』(06年)、『007/慰めの報酬』(08年)、『007/スカイフォール』(12年)、『007 スペクター』(15年)は全世界で累計31億ドルを収めている。

 『007 スペクター』から5年ぶりとなる最新作は、ご当地イギリスで来年4月3日に公開されるのを皮切りに、アメリカでは同4月8日、日本では同4月から全国公開される。

■ストーリー

 ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。 誘拐された科学者を救出するという任務は、想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになるが――。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索