ドラマ&映画 カテゴリ

柳生博、『やすらぎ』で20年ぶり連ドラ出演 俳優として「最後の仕事」

テレビ朝日系で放送中の帯ドラマ劇場『やすらぎの刻〜道』(月〜金 後0:30〜0:50※BS朝日では月〜金 前7:40〜8:00)。倉本聰氏の脚本で、今年4月にスタートして以来、脚本家・菊村栄(石坂浩二)ら“テレビ人”たちが入居する老人ホーム「やすらぎの郷」の人間模様、そして、根来しの(清野菜名)・公平(風間俊介)夫妻の一代記を綴る「道」、2つの世界が絶妙なバランスで描かれてきた。「道」パートでは11月から、物語が“平成”に突入。橋爪功、風吹ジュンが主演のバトンを受け継ぐ“平成編”に、柳生博の出演が決定。柳生が連続ドラマにレギュラー出演するのは約20年ぶりとなる。

柳生が演じるのは、村のまとめ役ともいうべき存在の男、“荒木”の晩年...

この記事の画像

  • 柳生博、20年ぶり連続ドラマ出演は『やすらぎの刻〜道』「道」パートの平成編(C)テレビ朝日
  • “荒木”役は昭和編の須森隆文(左)から平成編の柳生博へバトンタッチ(C)テレビ朝日
  • 柳生博、20年ぶり連続ドラマ出演は『やすらぎの刻〜道』「道」パートの平成編(#149)(C)テレビ朝日
  • 柳生博、20年ぶり連続ドラマ出演は『やすらぎの刻〜道』「道」パートの平成編(#149)(C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索