ドラマ&映画 カテゴリ

『ドクターX』山奥の“ポツンと一軒家”でクランクイン 米倉涼子「ハードルを与えてくれるドラマ」

 2年ぶりに復活する米倉涼子主演のテレビ朝日系木曜ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(10月17日スタート、毎週木曜 後9:00※初回15分拡大)が、9月上旬に第6シーズンがクランクインした。

 天才フリーランス外科医・大門未知子を演じる米倉がクランクインを迎えたのは、都内から遠く離れた山の中。第1話の冒頭、未知子が山奥をさまよい歩いた後に見つける“ポツン”と建つ一軒家での撮影だったため、ニコラス丹下役の市村正親、丹下の使用人・鮫島有役の武田真治、そして加地秀樹役・勝村政信の4人が顔をそろえた。

 山奥、しかも足場の悪い急斜面での撮影だったため、芝居以外にもさまざまなことに気を使わなくてはならなかったキャスト陣。シーンの撮影を終えた米倉は「ヌメヌメしたところでバランスをとりながらお芝居をしているのが、意外と大変だった(笑)!」と話し、翌日には、体の端々に痛みが出たほど過酷な撮影だったことを明かした。

 さらにこの数日後には、スタジオで「東帝大学病院」外科医局のシーンの撮影がスタート。遠藤憲一や鈴木浩介らレギュラーキャストとの再会、そしてユースケ・サンタマリアら新レギュラーキャストとの初共演も果たし、いよいよ『ドクターX』が本格的に始動した。

 医局シーンの撮影の合間に取材に応じた米倉は、「クランクインは山と湖に囲まれたところだったのですが、バーベキューしてくれたり、かき氷を作ってくれたり…。スタッフの皆さんのおかげで遠いところでのロケも頑張れました(笑)」と山奥の撮影もエンジョイしたと回想。

 また、「先日、このシリーズで初めて医局でのシーンを撮影したんです。帰ってきたなー、という懐かしい気持ちもあったのですが、それ以上にものすごく緊張してしまいました…。人前で医療用語を使いながら説明することのプレッシャーと苦しみを久々に思い出して、ああ、『ドクターX』ってこうだったなとあらためて感じています」と撮影の日々を実感している。

 第6シーズンを迎えた本作について「人の命がかかっているお話。それだけ緊張感がありますし、身を引き締めながら撮影をしています。それだけのハードルを与えてくれているドラマなので、きっとご覧になる皆さんもその緊張感を楽しみながら見ていただけるのではないかと思っています」と改めて魅力を紹介し、「ぜひ楽しんでいただけたら、と思います」と呼びかけた。

◆第1話あらすじ
 人里離れた山奥に“ポツン”と建つ一軒家――道に迷い、お腹を空かせて山を歩き回っていたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、そこでニコラス丹下(市村正親)という日系二世のブラジル人と出会う。ニコラス丹下の手料理を食べながら意気投合したふたりだったが、まさかその後、まったく別の形で再会することになるとは、そのときは知る由もなかった…。
 その頃、蛭間重勝(西田敏行)率いる「東帝大学病院」は空前の財政危機に瀕していた。苦境を脱するため、蛭間が打ち出した秘策は「海外医療ファンドからの300億円出資」。「東帝大学病院」が誇る最新医療に投資するファンドのマネージャーを招聘することを決定する!
 2カ月後――。
 蛭間たちが迎え出る車から降りてきた男は、なんと丹下だった! 実はニコラス丹下の正体は医師免許も持つ海外投資ファンドのマネージャー。冷徹なまでに赤字部門を切り捨て、企業再生を図っていくことから「今世紀最大のコストカッター」と呼ばれ恐れられている人物だったのだ。
 さっそくニコラス丹下は『東帝大学病院リバースプラン2020』を提示。附属病院の統廃合、医師・スタッフのリストラ断行に加え、業務の合理化を推進する新部門を設立し、そこに次世代インテリジェンス手術担当外科部長として潮一摩(ユースケ・サンタマリア)、次世代がんゲノム・腫瘍内科部長として浜地真理(清水ミチコ)を呼び寄せ、次世代超低侵襲外科治療担当部長に加地秀樹(勝村政信)を昇格させることを発表する。
 さらに、その場に未知子も現れたことで、蛭間や海老名敬(遠藤憲一)ら「東帝大学病院」の医師たちは騒然。未知子の「ニコタンに雇われた」という言葉通り、ニコラス丹下は未知子を「理想の外科医だ!」と絶賛し…!?
 「東帝大学病院」内の不採算部門精算に取り掛かったニコラス丹下は、病院の食堂に着目。そんな中、食堂のおばちゃん・岩田一子が突然胸の痛みを訴える。そこに居合わせた未知子が検査に連れていくと、肺塞栓症の疑いが…。もっとよく検査をしたいと考える未知子だったが、ニコラス丹下が導入したAIシステムにより、一子は勝手に手術台にあげられてしまい…!?

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索