• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 有田哲平、長州力の「らしくない」3試合を熱弁 VS橋本、VS健介、VS小川直也

有田哲平、長州力の「らしくない」3試合を熱弁 VS橋本、VS健介、VS小川直也

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅー有田哲平の熱い“プロレス愛”がほとばしるAmazon Prime Videoのプロレストークバラエティー『有田と週刊プロレスと』ファイナルシーズン(※毎週水曜更新)。11日に配信される第10回では、ますだおかだ岡田圭右をゲストに迎えて、今年6月に現役を引退した長州力について特集する。

【写真】その他の写真を見る


 番組では、有田が雑誌『週刊プロレス』を教科書代わりにして、毎回多彩なゲストを迎え、豊富な知識とトーク力で語りまくって、プロレスから学ぶべき人生の教訓を伝授。プロレス史に残る衝撃事件や、語り継がれる伝説の試合をドラマチックに語り切る、有田の卓越した話術、約40年間のプロレスファン歴に裏打ちされた圧倒的な知識量、何も知らない相手に興味を抱かせ、最終的にはある種の感動を覚えさせるほどの構成力が光る内容となっている。

 今回は、生粋の長州力ファンである有田が、長州の「らしくない」試合を熱弁。45年もの間、鬼気迫るファイトスタイルでファンを魅了してきた長州だが、ファンにとって「あれ?」と感じる試合が存在するという。

 有田が選んだ3つの試合は、IWGPヘビー級王座決定トーナメントでの橋本真也戦、試合後の控室で北斗晶の怒声が響いたというWJ崩壊後の佐々木健介戦、そして『週刊プロレス』2001年5月20日増刊号の表紙となった小川直也戦。ファンが「アレ? 長州らしくないな…」と首を傾げた瞬間とは、一体どんなものだったのか。

関連写真

  • 『有田と週刊プロレスと』ファイナルシーズン第10回の模様(C)flag Co.,Ltd.
  • 『有田と週刊プロレスと』ファイナルシーズン第10回の模様(C)flag Co.,Ltd.
  • 『有田と週刊プロレスと』ファイナルシーズン第10回の模様(C)flag Co.,Ltd.

オリコントピックス

 を検索