• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • TBS“新激戦区”金夜は現状維持 各局の改編を歓迎「喜ばしい」

TBS“新激戦区”金夜は現状維持 各局の改編を歓迎「喜ばしい」


 TBSは10日、都内の同局で10月期の改編説明会を実施。各局では10月クールから金曜日夜に新番組や改革など力を入れているが、TBSでは人気番組『ぴったんこカン・カン』(後8:00)、『中居正広の金曜のスマイルたちへ』(後8:57)など10月以降も引き続き放送する。編成部長の瀬戸口克陽氏は「(各局が)切磋琢磨して個性を発揮して、今まで見なかった人が接触するチャンスになるのは喜ばしい」と歓迎した。

 主な各局の動きとしては、フジテレビは午後9時台にサンドウィッチマンと麒麟・川島明による新番組が開始。テレビ朝日では、金曜午後7時から放送してたアニメ『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』が土曜夕方に移動され、33年の歴史を誇る音楽番組『ミュージックステーション』が1時間後ろ倒しとなる午後9時に初めて枠移動。

 日本テレビは午後9時台の『金曜ロードSHOW!』枠の強化や、7時から9時まで新番組と人気番組のお引越しを行うなど試行錯誤を重ねている。

 瀬戸口氏は「金曜日が注目が集まる曜日になることはいいこと。切磋琢磨して個性を発揮して、今まで見なかった人が接触するチャンスになるのは喜ばしい」と話し、今後も放送中の番組に関して「自分たちの強みや個性を生かしながらブラッシュアップしていく」と方針を掲げた。
タグ

オリコントピックス

 を検索