ドラマ&映画 カテゴリ

ひふみん、「将棋界の人気ぶりがリアル」と太鼓判 『盤上の向日葵』山寺宏一も出演

 俳優の千葉雄大が主演するNHK・BSプレミアムのプレミアムドラマ『盤上の向日葵』(8日スタート、毎週日曜 後10:00、全10回)に、声優の山寺宏一、元プロ棋士の加藤一二三が出演する(第1回から第3回まで)。

【写真】その他の写真を見る


 過酷な運命を背負って棋士の頂点を目指した青年の半生をあぶりだす、柚月裕子氏のミステリー小説をドラマ化。山寺は情報ワイド番組MC役を演じ、加藤は将棋の専門家として本人役で登場する。

 山寺は「役作りの参考にするために、情報ワイド番組をたくさん観るようにしました。 子ども番組のMCは長年やっていたんですが、だいぶ勝手が違うので(笑)。出演はドラマの冒頭のシーンからという事もあり、とてもプレッシャ
ーを感じました」とコメント。

 また、加藤との共演は、「堂々たる演技で驚きました。僕がテストの時、台本にない質問をアドリブて振っても見事に即答! さすが本物は違います! 撮影の合間に『(主人公の対局相手の)壬生さんは、羽生善治さんがモデルでしょう。実際にこんな対戦がありました』等々の話をして下さり、聞き入ってしまいました」と、貴重な時間になったよう。

 「プロ棋士のすさまじい生き様と、複雑かつ重厚な人間模様が描かれたこの作品。将棋の事をほとんど知らない僕も、手に汗握りワクワクしながら台本を一気に読んでしまいました。とにかく面白い! きっと誰もが感動する素晴らしいドラマになると思 います!」と、アピールしている。

 一方、加藤は「今回のドラマでは、せりふがありましたが、将棋の専門用語でしたので、覚えやすかったです。私は20歳のときに大山名人の名人戦に第一局で勝ったんです。第一局で勝ったときは、新鋭棋士がタイトル保持者に勝ったということでニュースになりまして、そのころのことを、収録中にふと思い出しました」。

 同ドラマは、将棋ファンほど楽しめる番組になっていると、太鼓判を押す。「将棋の対局の風景とかトークの展開がリアルで、とても迫力があると思います。柚月先生が細かく取材されていて、『登場人物は実在のあの人物をモデルにしている』とか、『この対局は有名なあの対局をモデルにしている』『あの描写は、実際の棋士の方もやっているよね』というシーンもあるはずです。また、ニュース番組の途中で対局の速報が入ってくる様子など、非常にリアルです。今の将棋界の人気ぶりをよく表していると思います。今の将棋界の人気がバックに描かれているので、とてもうれしいです」と、話していた。

■第1回あらすじ
 平成6年。将棋の奨励会を経ずにプロになった異端の棋士・上条桂介(千葉雄大)は、タイトル6冠の壬生と竜昇戦の対局に挑んでいた。同じ頃、所沢の山で白骨遺体が発見され、一緒に将棋の駒も埋められていた。刑事の石破(大友康平)は、奨励会の経験をもつ佐野(蓮佛美沙子)とコンビを組み、駒が江戸時代の名匠・菊水月の作で大変貴重だとわかり、その駒の所有者を捜査する。一方、一局目に勝った上条は、雑誌の取材を受ける中、子どものころ将棋雑誌が縁で世話になった恩師の唐沢(柄本明)との思い出を懐かしむ。

関連写真

  • プレミアムドラマ『盤上の向日葵』(9月8日スタート)第1回から山寺宏一(右)、加藤一二三(左)が出演(C)NHK
  • 将棋の奨励会を経ずにプロになった異端の棋士・上条桂介(千葉雄大)(C)NHK
  • タイトル6冠の壬生(笠松将)と竜昇戦を対局中の上条桂介(千葉雄大)(C)NHK
  • プレミアムドラマ『盤上の向日葵』第1回(9月8日放送)より。タイトル6冠の壬生(笠松将)と竜昇戦を対局中の上条桂介(千葉雄大)

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索