ドラマ&映画 カテゴリ

矢本悠馬、エゴサーチをポジティブに活用「自信につながっている」

 テレビ朝日系で放送中の土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』。森田まさのり氏(『ROOKIES』『ろくでなしBLUES』など)の同名漫画を実写化した本作で、漫画のイメージにぴったりな「ベストキャスティング」と、発表当時からSNS上でも評判だったのが、子安蒼太役の矢本悠馬だ。

【写真】その他の写真を見る


 人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと、主人公の上妻圭右(間宮祥太朗)と、元プロの芸人だった転校生・辻本潤(渡辺大知)が出会い、漫才コンビを組んで笑いに青春をかける姿を描く本作。

 矢本演じる子安は、笑いを極めようと奮闘する圭右を支えながら応援する親友であり一番のファンという、重要な役どころだ。

 「圭右と辻本には、漫画の主人公らしいファンタジーがある。学生時代にあんなに人を笑わせることができて、一人は大阪でプロとして舞台に立っていて、天才じゃないですか。ダウンタウンさんを初めて見た時の衝撃に近いものを感じるというか。

 それに比べて子安は、夢を持っていてもそれを周りに言えなくて、親から大学へ行ってちゃんと就職しろと言われれば、別に抗うこともなく、自分が一番、自分の可能性を信じていないのかな?というところがあって。そういう感じが、等身大の高校生に近いんじゃないかな。自分にあまり期待していない感じが。

 圭右が辻本と出会って本気で芸人を目指さなければ、圭右から『おまえ才能あるんだからお笑いやったほうがいいよ』って言われることもなく、大きく背中を押してくれなければ、子安も芸の世界にはいかなかったと思う。だから、友達の良いところは良いと言ってくれる圭右みたいな男と友達になれたことが、子安のすべてだと思う」。

 実際、矢本と圭右役の間宮は、2014年のドラマ『水球ヤンキース』(フジテレビ)で共演して以来、親友同士。「何か運命的なものを感じて、感慨深いです」と語る。

 子安は等身大の高校生ということだが「学ランが似合っていたとしてもピークは過ぎましたよね(笑)。限界を感じました。衣装合わせの時にこれはダメだなって、思ったので少し体も絞りましたし。周りに同じ年頃の俳優が多くてよかったですよ(笑)」。

 矢本は、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)にレギュラー出演して注目され、映画『ちはやふる』や、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ)など、漫画原作の実写作品をはじめ、さまざまな話題作で活躍している。

 「俳優にとって転機というのは、視聴率や動員数が高いものに巡り会えた時に来ることが多い。僕は、出演させていただいた作品が、運良く多くの人に観てもらえて、ただそれだけのことかかもしれない。自分の実力では、まだないかもしれないですね。亀の歩みですよ(笑)。一歩一歩。でも、長く俳優をやっていきたいから、自分の中でピークは作りたくないかもしれないですね。なんか、映画やドラマにいつも出ている人でいたい」。

 SNS上にあふれるさまざまな意見ともうまく付き合っているようだ。「エゴサーチを良くする」といい、「矢本悠馬が出ていると面白いね」「面白い芝居するね」と、肯定的なコメントを見つけると、「かなり励みになるというか、自信につながっている」と明かす。

 「僕たちの芝居を見るのは一般の人たち、その人たちのために芝居をしているんだから、作品を観てくれた人たちが認めてくれたら、それでいい。アンチの意見も、僕のことを知ってくれただけでもありがたいと思えるんです。太く長く、役者をやっていきたいから、一段と成長していかないといけない時期だなと思っています」と、気を引き締めていた。

■『べしゃり暮らし』第7話(9月7日放送)

 高校を卒業した圭右(間宮祥太朗)は、YCA(ヨシムラコミックアカデミー)への進学を機に、独り暮らしを始める。引っ越し当日、父・潔(寺島進)は、古い炊飯器を姉・しのぶ(徳永えり)に託すだけで顔も見せない。だが炊飯器には意外な形で父の思いがつまっていた…。

 圭右は、子安(矢本悠馬)の才能を見出し、ネタ作りを頼む。辻本(渡辺大知)とのコンビ名も“べしゃり暮らし”として新たにスタート! 静代(小芝風花)や梵(浅香航大)らライバルも狙う若手芸人の登竜門『漫才新人グランプリ』での優勝を目指す圭右は、子安にも“芸人になれ”と勧める。悩む子安だが、奈々(堀田真由)や父の後押しを受け、べしゃり暮らしはトリオとして活動を開始する!

 YCAでの実践的な授業が始まって早々、圭右は、げんこつロデオとトラブルに。一方、子安は、引っ込み思案な性格ゆえグループ内で浮いている見切り発車の北川(Daichi)を案ずる。しかし北川が隠された才能を発揮して見切り発車は快調に滑り出し、げんこつロデオも安定した力を発揮。そんな中、アドリブを得意とする圭右は子安がきっちり作り込んだネタに苦戦。その結果、べしゃり暮らしはYCA研究生の初ライブ選抜から外されてしまう。

 圭右は苦境を乗り越えられるのか!? そしてべしゃり暮らしの3人を待ち受ける結末とは…?

関連写真

  • テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』子安蒼太役の矢本悠馬 (C)ORICON NewS inc.
  • 高校を卒業した子安蒼太(矢本悠馬)、辻本潤(渡辺大知)、上妻圭右(間宮祥太朗)は「べしゃり暮らし」を結成(C)テレビ朝日
  • げんこつロデオ(坂口涼太郎、岡本智礼)とべしゃり暮らし(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』第7話(9月7日放送)より。見切り発車(C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索