ドラマ&映画 カテゴリ

『あなたの番です』最終回前話の満足度が番組最高 ラストへ高まる期待とロスの声

 いよいよ9月8日の放送で、4月のスタートから6ヶ月20話にわたって繰り広げられてきた連続殺人の謎がすべて解き明かされる『あなたの番です-反撃編-』(日本テレビ系)。すでにSNSでの考察は大きな盛り上がりになっているが、そんな熱量を反映するようにコンフィデンス誌のドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」では、先週9月1日放送の最終回前話(19話)の満足度が98PT(100PT満点)と番組最高を記録した。

【写真】その他の写真を見る


 7月期に入ってからの満足度ポイント推移を見ると、4月期の総集編および7月期への導入となる「特別編」(6月23日)が97PTと、それまでじわじわと右肩上がりでポイントを上昇させてきたなか、この時点で番組最高を記録。その後の『反撃編』に入ってからは、全話で90PT台をキープする高推移となり、先週の19話で番組最高を更新した。

 最終回前話となった19話は、これまで主人公・手塚翔太(田中圭)とバディを組んで黒幕を追ってきたはずの二階堂忍(横浜流星)のラストの行動が、毎話のラストで見せつけられてきたさまざまな“衝撃”を軽く飛び越える、ヘビー級の衝撃となって視聴者を襲った。ある意味ミステリーの王道の展開でもあるのだが、「やはりそっちか」「これまでの流れを180度変えた」「2人のどちらかとつながっているのか」など大きな反響を呼ぶとともに、満足度を上昇させたようだ。

 最終回への期待と注目度がほかに類を見ないほど高まっている本作。先週の放送後のアンケートでは、早くもロスの声が多く見られたほか、下記のような意見が多く寄せられている。番組プロデューサーは7月時点の取材で、20話ですべてを明らかにし、すっきり終わらせる旨を宣言していたが、果たしてどのような結末を迎えるのか。その満足度にも注目したい。

【最終回への視聴者の声】

「最終回まで疑わしい人が複数いることがおもしろい。最終回ドキドキする!」(女性30代/北海道)
「ころころ状況が変わっていくのがスリリングでいい。最終回に向けて、この後どうなるかがとても楽しみになる終わり方だった」(男性10代/新潟)
「最後に驚くような展開。次の週まで待ちきれない」(女性50代/埼玉)
「どーやん!っていう感じでモヤっと感がハンパない!なんでー?のひと言につきる。ほんとに予想を裏切ってくれるから、毎週おもしろい。このまま次で終わりだなんて考えたくないほど終わってほしくない。ロスがハンパないだろうな……。スペシャルでも続いて欲しいと思ってしまう」(女性20代/千葉)
「次が最終回なのが寂しいのと同時に、いよいよ犯人の正体が分かるドキドキ感があってとても楽しみ」(男性20代/東京)
「先の読めない展開でワクワクが止まらない。最終回が待ち遠しくもあり、終わってほしくもないしジレンマ」(女性50代/北海道)
「先が読めない、衝撃的な展開がおもしろい。最終回が待ち遠しい。こんなにおもしろいドラマは初めて」(女性20代/埼玉)
「1時間があっという間。推理しながら観られるのがとても楽しい。終わってしまったら寂しい」(女性40代/千葉)
「ラストに向けて謎が明かされてきて、少しずつすっきりしているが、最終的に犯人が誰かによってこのドラマのすべてが決まるので、最終回がとにかく楽しみ」(女性40代/東京)
「次で終わりかと思うと寂しい。ロス確定。でも毎回、放送終了後に犯人が気になってネットで考察みたりで寝不足だったので、寝不足解消にはなるかなぁ」(女性30代/滋賀)
「久々にハマったドラマ。毎週楽しみで仕方ない。毎回ハラハラして、観た後のSNSでの犯人予想合戦がさらにおもしろい」(女性40代/愛知)
「放送後にいろいろな人の考察を読むのが習慣になったドラマ。最終回で残された謎がすべて回収されるのか心配なくらい見どころ満載だった」(女性30代/大阪)
「あと1回ですべてがスッキリ終わるのか心配ですが、最後まで見届けたい」(女性30代/大阪)
「半年観てきたので登場人物に親近感が沸いてきて、目的が犯人を当てるというだけではなくなってきたのがおもしろい。いよいよ最終回。すべての伏線を回収して納得のいく終わり方にしてほしい」(女性20代/兵庫)

関連写真

  • 日曜ドラマ『あなたの番です』より場面カット(C)日本テレビ
  • 『あなたの番です-反撃編-』の満足度ポイント推移
  • 日曜ドラマ『あなたの番です』をクランクアップした(左から)西野七瀬、原田知世、田中圭、横浜流星(C)日本テレビ
  • 最終回の日曜ドラマ『あなたの番です』場面カット(C)日本テレビ
  • 最終回の日曜ドラマ『あなたの番です』場面カット(C)日本テレビ

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年9月23日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年9月23日号

<COVER STORY>
鈴木貴歩氏(ParadeAll代表取締役)
日本のエンタメプレイヤーの人たちを
もっとグローバルにつなげていきたい

<SPECIAL ISSUE>
初秋の演歌・歌謡大特集 Part1
〜多面的に広がるアプローチ手法〜

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索