ドラマ&映画 カテゴリ

中村蒼&山崎育三郎、朝ドラで窪田正孝と“福島三羽ガラス”に 幼なじみで音楽仲間

 NHKは6日、俳優の窪田正孝が主演する2020年前期の連続テレビ小説『エール』に唐沢寿明菊池桃子(初)、佐久本宝(初)、風間杜夫山崎育三郎(初)、中村蒼(初)、森山直太朗(初)が出演することを発表した。

【写真】その他の写真を見る


 連続テレビ小説102作目となる『エール』は、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」などの応援歌の数々を作曲した、古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語。

 福島ゆかりの人々として発表されたのは、主人公・古山裕一(窪田)の父・三郎に唐沢、母・まさに菊池、弟・浩二に佐久本、伯父・権藤茂兵衛に風間。そして、裕一の幼なじみでのちの音楽仲間“福島三羽ガラス”佐藤久志に育三郎、村野鉄男に中村、裕一の恩師・藤堂清晴を森山が務める。

 魚屋「魚治(うおはる)」の長男で、けんかが強く近所のガキ大将の村野演じる中村は「さまざまな物事に対して、悩んで後ろ向きになってしまったり立ち止まったりしてしまう事が多い自分ですが今作の台本を読んで登場人物の台詞や行動に力を貰いました」といい「そのような作品に携われる喜びを感じております。そして自分が今作から貰った力を視聴者の皆さんにも届けられたらなと思っています」とメッセージ。

 県議会議員をつとめる裕福な家の息子で、のちに東京の音楽学校を卒業し、歌手となって裕一の曲を歌い人気を博す佐藤演じる育三郎は「憧れの連続テレビ小説初出演、大変光栄に思います。子供の頃から芝居と同じだけ歌を歌ってきた僕にとって、この役との出会いは宝です。歌手という役柄に初めて挑戦するので、芝居と音楽に誠実に向き合い、佐藤久志としてこの時代を懸命に生きたいと思います」とコメントしている。

 男性の主演は14年後期『マッサン』の玉山鉄二(38)以来、約6年ぶり(ヒロインはシャーロット・ケイト・フォックス)。『エール』では、ヒロイン・関内音役を、女優・二階堂ふみが務める。

関連写真

  • (左から)中村蒼、窪田正孝、山崎育三郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続テレビ小説『エール』への出演が決まった中村蒼
  • 連続テレビ小説『エール』への出演が決まった山崎育三郎
  • 連続テレビ小説『エール』への出演が決まった森山直太朗
  • 連続テレビ小説『エール』への出演が決まった風間杜夫
  • 連続テレビ小説『エール』への出演が決まった佐久本宝
  • 連続テレビ小説『エール』への出演が決まった菊池桃子

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索