• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 宮迫博之、吉本への思い語り号泣 不信感述べるも「こんな事したいわけじゃない」「感謝しかない」【会見5】

宮迫博之、吉本への思い語り号泣 不信感述べるも「こんな事したいわけじゃない」「感謝しかない」【会見5】

 反社会的勢力との闇営業問題できのう19日に吉本興業と契約解消となった雨上がり決死隊宮迫博之(49)と、謹慎中だったロンドンブーツ1号2号田村亮(47)が20日、都内で会見。会見では、2人が謝罪会見の提案を吉本から拒否されたことなど、事務所への不信感があらわになったが、宮迫は吉本への思いを問われると、複雑な思いをこらえきれず号泣した。

 謝罪の仕方をめぐり、会社と軋轢が生じていたことを暴露した2人。宮迫は、記者から改めて吉本興業への思いを問われると「こんな事実(事件)ではあるにしても、こんな事を言う会見がしたかったわけではないんです」と言葉をつまらせた。

 「僕たちは詐欺被害に遭われた方々や僕らを信頼して笑ってくれてた人たちに、ただ謝罪がしたかった。しかし、事実を細かくしゃべるとこういう形になってしまったのは正直、不本意です」と吐露。さらに「子供の頃からたくさん笑わせてもらった吉本。18(歳)で入らせてもらって、こんなアホを30年間育ててくれた吉本に対して、そりゃ感謝しかないですよ」とこぼし、号泣。「こんな事したいわけないじゃないですか。すみません」と涙をぬぐった。

オリコントピックス

 を検索