• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • ナイツ土屋、生放送での号泣を反省 TBS出水麻衣アナの涙にもらい泣き「超ダサい」

ナイツ土屋、生放送での号泣を反省 TBS出水麻衣アナの涙にもらい泣き「超ダサい」

 お笑いコンビ・ナイツ土屋伸之、TBSの出水麻衣アナウンサーが、6日放送のTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜 前9:00)に生出演。先週6月29日の放送で、同局の小林豊(53)が7月1日付でアナウンス部から異動することになり、別れのあいさつをしていた際、思いがあふれてともに号泣してしまったことを反省した。

 同番組がスタートした2015年10月から出演してきた小林アナ。話題となった場所からレポートする自身のコーナー「小林豊のTOKYO潜入大作戦」最終回は、今までに何度も番組で訪れたとしまえんから中継。お世話になったとしまえん関係者に最後のあいさつをした小林アナは、スタジオMCの出水アナへ「頑張ってくださいよ」とエールを送ると、出水アナはこらえきれずに涙を流した。

 エンディングに再び登場した小林アナは、異動先について「7月1日にできる部署なので、会社の方針であまり言えない」と具体的な話は避けたが、アナウンサーとしては「二度とマイクを持つことはないかと思います」と明言。「本音を言うと、二度と喋るかよTBS」と毒舌混じりに本心を漏らしながら、「小林豊、ここまでです。廃業です」という言葉を最後に、30年にわたるアナウンサーとしての仕事を終えた。

 その直後のCM明け、出水アナが交通情報を呼びかけようとすると、号泣してしまい原稿が読めなくなってしまう。それを受けてナイツ・土屋が代理で読もうとするも、土屋も涙をこらえきれず話せなくなり、急きょ塙宣之が交通センターへの呼びかけと天気予報の読み上げを担当した。

 この日の番組冒頭、先週の放送が話題となり、塙が「先週のエンディングでちょっとニュースになっていましたね、泣いちゃったみたいな。これはやっぱり放送事故ですからね」とチクリ。土屋が「出水さんが泣くのは(仕方ないけど)ダサいのはオレだよね。何なら途中まで泣かせにいっていたのに、その後オレも泣いちゃって原稿読めなくなるって、超ダサいよね」と反省した。

 塙が「出水さんの涙はわかる。小林さんにずっとアナウンサー時代からお世話になって」と続けると、出水アナは「デスクとしてスケジュールの管理をしてくださったり、『出水にはこの仕事が合っている』と思うとか、アドバイスをいただいたりとかしました」と改めて感謝。土屋が「出水さんと同じくらいに泣く意味はわからない。オレ、読もうとするとダメなんだよね。原稿を読もうとすると詰まっちゃう。読めばいいだけなのに、何か出水さんの涙がよぎっちゃうんだよね。もらい泣きっていうんだけど。空気読めない涙だからね」と語った。

 その上で、出水アナが「お聞き苦しい点もありまして、失礼いたしました」と締めくくった。

オリコントピックス