• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 篠原涼子、中学時代の弁当作りを振り返る「シンプルな感じですね」

篠原涼子、中学時代の弁当作りを振り返る「シンプルな感じですね」

 女優の篠原涼子が8日、都内で行われた映画『今日も嫌がらせ弁当』大ヒット舞台あいさつに登壇。映画の内容にちなんで、自身が初めて弁当を作った時のことを語った。

【写真】その他の写真を見る


 篠原は「中学生の時に初めて作りました。卵焼きとウインナーが入っていて、上にそぼろご飯にして、トマトも入っていたかな。シンプルな感じですね」とにっこり。「当時、姉がお弁当を作っていて、私も真似てみようと思い、作って食べていましたね」となつかしそうに振り返った。

 ブログ発の同名のエッセイが原作の同作は、不器用な母娘の実話に基づく物語で、お弁当に込められる母から反抗期の娘への愛情あふれるメッセージが描かれている。

 舞台あいさつにはそのほか、佐藤隆太、塚本連平監督も登壇した。

関連写真

  • 中学時代の弁当作りを振り返るった篠原涼子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『今日も嫌がらせ弁当』大ヒット舞台あいさつに登壇した篠原涼子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『今日も嫌がらせ弁当』大ヒット舞台あいさつに登壇した(左から)塚本連平監督、篠原涼子、佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『今日も嫌がらせ弁当』大ヒット舞台あいさつに登壇した佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス