ドラマ&映画 カテゴリ

板野友美、大学生役で映画主演 2300年前に日本に上陸したとされる徐福がテーマ

 歌手の板野友美が、日本と中国を舞台にした映画『徐福〜永遠の命を探して〜』(7月26日公開)で主演を務めることが1日、発表された。板野が演じるのは商社への就職が決まった大学生で、祖父が入院する病院で出会った中国からの留学生に心惹かれていく。

 同映画は、約2300年前に始皇帝の命令で、不老不死の仙薬を探しに日本を訪れ、中国の文化を未開の地であった日本人に伝え、日本の文化の礎を築いたとも言われる徐福の伝承を、日本人と中国人に興味持ってもらうことをテーマに製作された。

 板野が演じる福住翔子は、真面目で決めたことは最後までやり遂げる性格。ある日、祖父の入院先の病院でたまたま同じ大学に通う留学生・呉明に出会う。その後、容態が急変した祖父から「我々の祖先は今から2300年前に日本に上陸し、農耕や新しい文化をもたらした徐福の集団なのだ」と告げられる。そして、亡き祖父の意思をついで、呉明たちと一緒に除福が日本で何をしたのかを探しに出る旅にでることに。日中の歴史だけでなく、互いに惹かれ合う翔子と呉明の恋愛模様も描かれる。

 呉明を演じるのは、中国全土でコンサートツアーを開催するなど、俳優としても活動するヒップホップミュージシャンの黄礼格。翔子からは“アキラ”と呼ばれ、カリスマ性があり誰からも好かれる役柄。しかし、進行性のガンを患い余命宣告を受けている。

関連写真

  • 映画『徐福〜永遠の命を探して〜』で主演を務める板野友美
  • 映画『徐福〜永遠の命を探して〜』で主演を務める板野友美

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索