• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 山口智子、『ロンバケ』以来23年ぶり月9に「ほっとする親近感」 髪もバッサリ

山口智子、『ロンバケ』以来23年ぶり月9に「ほっとする親近感」 髪もバッサリ

 女優の山口智子が、7月8日スタートのフジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜 後9:00)に出演することが明らかになった。山口が月9ドラマに出演するのは、木村拓哉とダブル主演した『ロングバケーション』(1996年4月〜6月)以来、23年ぶりとなる。約30年ぶりの朝ドラ出演も話題の山口が、まさに“長い休み”を終えて“月9”に帰ってくる。

 山口は「去年、木村拓哉さんと22年ぶりに共演させていただいたのですが、まるで2分くらいしか時が経っていないような感じで(笑)。『監察医 朝顔』と『ロングバケーション』はドラマのテイストは違いますが、“月9”という言葉には、離れていた時間を感じさせない、幼なじみに再会したような、正月に実家に帰ったような(笑)、ほっとする親近感を覚えます」と好意的に語っている。

 本作は、同名漫画(原作:香川まさひと、漫画:木村直巳、監修:佐藤喜宣/実業之日本社)を原作とするヒューマン・ドラマ。原作では、主人公の万木朝顔(まき・あさがお)は阪神大震災により母を亡くした設定だが、今回のドラマ化にあたっては、東日本大震災により母が行方不明、という設定になっている。

 神奈川県にある興雲(こううん)大学の法医学教室に勤める新米法医学者の朝顔(上野樹里)は、捜査畑一筋のベテラン刑事の父・万木平(時任三郎)と2人暮らし。ある日、思いがけず父・平が、興雲大学法医学教室が管轄する警察署の強行犯係に異動して…。法医学者の娘と刑事の父が、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな遺体の謎を解き明かしていくさまをサスペンスフルに、かつ、父娘のかけがえのない日々をハートフルに描いていく。

 山口が演じるのは、朝顔が勤める興雲大学の法医学教室の主任教授・夏目茶子(なつめ・ちゃこ)。仕事は非の打ち所がない一方、「明日、死ぬかもしれないから」がモットーで、プライベートと仕事は完全に切り離すタイプ。どんな遺体を前にしても冷静沈着でありながら、その言動は自由奔放で神出鬼没、年齢不詳で謎多き女性だ。同時に、“法医学者・朝顔”の一番の理解者であり、朝顔にとっては法医学者を目指すきっかけにもなった、最も信頼を寄せる“心強い姉”のような存在となる。

 全話平均視聴率29.5%、最終回では36.7%(いずれもビデオリサーチ社調べ、関東地区)を記録した『ロングバケーション』では、幸せを探し求める女性・葉山南を演じた山口だったが、本作では幸せを探し求める父娘を温かく見守る役どころ。主演の上野とは今回が初共演。連続ドラマで医師役を演じるのも本作が初となる。

 「原作の茶子は、一見キノコの妖怪のような風貌で(笑)、超個性的で強烈な存在感です。死というものに日々向き合っているからこそ、人の100倍濃密に生きようとするたくましさと、今この一瞬を輝かせようとするバイタリティーは圧倒的です。太陽のように生命力の象徴のような茶子像を目指して」、髪を10センチ以上カットした山口。実際の法医学者に話を聞きに行くなど、役作りへも並々ならぬ熱意を持って取り組んでいるという。

 その姿勢に、金城綾香プロデューサー(フジテレビ第一制作室)も「まだ撮影には入っていませんが、“まさしく茶子先生!”と声が出そうになるくらいに丁寧にキャラクターを作り上げてくださっています」と尊敬の念。

 山口は「お話をいただいて原作をすぐに読んだのですが、今も色あせない、時代を越えた面白さを感じました。“死”というものに対峙することで、“生きる”力を強く再燃させていく。死が生を照らし出すテーマは、死から目を背けがちな現代社会において、とても大事な発信だと改めて思いました」とやる気に燃える。

 視聴者へ「原作のファンの方も初めてご覧になる方も、今の時代に生きる私たちの力で作る新たな物語を、ぜひ面白がっていただけたらと思います。このドラマでは、謎の死を遂げた人々の人生や、東日本大震災の悲劇にも、正面から向き合ってゆきます。背を向けず、忘れず、悲しみや心の傷をどう新しい一歩への力へと変えてゆくか。死から“生”を学ぶ感動の道を、皆さんとご一緒できたらうれしいです」と、話していた。

オリコントピックス