• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 小芝風花主演“ラッパー×ゾンビ”ドラマ、佐藤寛太&ブラザートムが出演

小芝風花主演“ラッパー×ゾンビ”ドラマ、佐藤寛太&ブラザートムが出演

 女優の小芝風花が主演するテレビ朝日系スペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』(7月12日・13日 後11:15〜※2夜連続放送、一部地域で放送時間が異なる)に、佐藤寛太ブラザートムが出演ることが発表された。

 同ドラマは、“ラップ”דゾンビ”という未知なるコラボが衝撃をもたらす、これまでにない新感覚のコメディーホラー。原作は、異色の漫画家・インカ帝国氏が、電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載している『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』で、原因不明の“RAPウイルス”に侵された終末世界を舞台に、ヒロイン・稲穂みのり(小芝)が、恋人を探してサバイバルに乗り出す姿を追う。

 みのりにとってはなじみの薄い“ラップ”という異文化が、さらに恐ろしい“ゾンビ”という脅威になって迫ってくる世界を描くことで、日本人の“異文化理解”と“本音”のせめぎ合いを痛快に描きだすほか、“本当に大切なものは何なのか”、愛の本質も問いかけていく。

 佐藤が演じるのは、みのりの彼氏・山之内拓馬。国立大学の医学部に通う秀才ながら、ヒップホップにドハマり。どんなときでも韻を踏みたがってみのりをイラつかせていた。ところが、RAPウイルスのパンデミックが起きてからは行方不明に。いったい拓馬はどこに行ってしまったのか!? ウイルスに感染し、ラッパーゾンビと化してしまったのか!?

 劇団EXILEのメンバーであり、演技だけでなくさまざまなことに挑戦している佐藤だが、ラップは初挑戦とのこと。「YouTuberの方々の動画や、『フリースタイルダンジョン』をひたすら見たり、曲を聴いて覚えて口ずさんだり、たまには自分で書いてみたり(笑)。いろいろやりました」と、“自主練”に取り組んだことを明かす。

 佐藤は「ゾンビムービーが好きな人も今まであまり好きじゃなかった人も、ラップを好きな人も今まであまり知らなかった人にも観て欲しい。誰が観てもきっと楽しんでいただける作品に仕上がると思います」と、自信をのぞかせた。

 ブラザートムが演じつのは、みのりの父・茂。レンコン農家の茂はラップとは無縁の昔気質の頑固オヤジだが、みのりを救うため、ゾンビ相手にラップバトルを仕掛けるシーンも!? 1990年、“バブルガム・ブラザーズ”として「WON'T BE LONG」が大ヒット。日本のブラック・ミュージックシーンを牽引してきた“レジェンド”、ブラザートムが、オヤジ魂をビートに乗せていく。

 この作品の面白さについて、ブラザートムは「コメディー最高! コメディー、馬鹿馬鹿しいコメディー最高!」と、“ラップ調”で強調。「いろんなラップスタイルがあるので僕は僕のラップスタイルを!!と思っています」と、小芝演じる娘・みのりへの愛を乗せて、茂らしいビートを放つ決意を語っている。

オリコントピックス