• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 大泉洋、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』撮入「日本国民を元気にします!(笑)」

大泉洋、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』撮入「日本国民を元気にします!(笑)」

 俳優の大泉洋が、7月スタートのTBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(毎週日曜 後9:00)にクランクインした。最初に撮影したのはトキワ自動車の本社がある設定の丸の内界隈を歩くシーンで、休日早朝にもかかわらず約300人のエキストラが集まり、オフィスタイムのような喧騒が再現された。

【写真】その他の写真を見る


 原作は今月13日に刊行されるヒットメーカー・池井戸潤氏の書き下ろし新作。大泉が演じるのは、大手製造メ一力一「トキワ発動機」の中堅サラリ一マン・君嶋隼人。出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で地方の工場に総務部長として赴任することに。そこで古豪ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーの兼務を命じられ、チーム再建という重荷と自身の再起をかけた戦いに挑む。

 撮影初日、支度を済ませて撮影現場にやってきた大泉は、早朝の丸の内エリアに大勢のエキストラが集まっているのを見て驚き。カメラの位置や角度を変えながら、一定の距離を何度も撮影した。

 大泉は「早朝からとんでもない数のエキストラがいらっしゃっていました。演出の福澤さんらしい大変豪華な迫力のある映像と、エキストラの数はやっぱスゴイなと思いました」と迫力に驚嘆。演出家の「日曜のよる9時にこの『ノーサイド・ゲーム』を見て日本国民に元気になってほしいんだ」という言葉に「すごくしっくりきました。そういう大きな使命をもって私もこのドラマに挑もうと思いましたよ。私たちはこの『ノーサイド・ゲーム』で日本国民を元気にします!(笑)」と意気込んでいる。

関連写真

  • 日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に主演する大泉洋(C)TBS
  • 丸の内界隈を歩くシーンでクランクインした大泉洋(C)TBS
  • 日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』撮影風景(C)TBS

オリコントピックス