アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 千葉雄大、異端の棋士役でNHK連ドラ初主演「少しでも残るものを」

千葉雄大、異端の棋士役でNHK連ドラ初主演「少しでも残るものを」

 俳優の千葉雄大が、NHKの連続ドラマに初主演することが発表された。BSプレミアムで放送される『盤上の向日葵(ひまわり)』(9月8日スタート、毎週日曜 後10:00〜10: 49、連続4回)で、異端の棋士・上条桂介を演じる。千葉は「表面的には静かながら、中には何かうごめくものをすごく感じます。見て下さった方に、少しでも残るものをお土産にしていただけるよう、自分に出来ることを精一杯取り組みたいと思います」と意気込みを語っていた。

 2018年本屋大賞2位に選ばれた柚月裕子氏の同名小説が原作。過酷な運命を背負って棋士の頂点を目指した青年の半生をあぶりだす本格ヒューマンミステリー。平成6年(1994年)。埼玉の山中から白骨遺体が発見。県警の石破刑事(大友康平)と奨励会を退会して警察官になった佐野(蓮佛美沙子)は、遺体とともに埋められていた初代・菊水月作の名駒の所有者を捜査することに。

 同じ頃、奨励会を経ず実業界から転身してプロになった異端の棋士・上条桂介(千葉)は、タイトル6冠保持者の壬生芳樹との竜昇戦に挑んでいた。序盤戦で勝利した上条は、将棋雑誌の取材を受ける最中、故郷の諏訪でゴミに出された将棋雑誌を拾っていた幼少時代を思い出す。昭和47年(1972年)、貧困の日々を過ごしていた小学生の上条は、教師を定年退職した唐沢(柄本明)の温かい支援のもと、将棋にどんどん魅了されていく。やがて「鬼殺し」の異名をとる伝説の真剣師・東明重慶(竹中直人)と出会い、ふたりの運命の歯車が大きく回り始める。

 脚本は、ドラマ『謎解きはディナーのあとで』、『ようこそ、わが家へ』、『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(すべてフジテレビ)、映画『キングダム』も手がけた黒岩勉氏が担当する。

オリコントピックス