アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 有働由美子アナ、ニュースキャスター役で初演技 三谷監督最新作で映画初出演

有働由美子アナ、ニュースキャスター役で初演技 三谷監督最新作で映画初出演

 俳優・中井貴一主演で、三谷幸喜監督の最新作映画『記憶にございません!』(9月13日公開)の追加キャストが13日、発表され、有働由美子アナウンサー(50)が「夜のニュースキャスター役」で演技初挑戦を飾ることが明らかとなった。

 有働アナといえば、昨年3月にNHKを退社し、フリーに転身。日本テレビ系のニュース番組『NEWS ZERO』のメーンキャスターを務めるなど“夜の顔”としても親しまれている。その経験を演技にどう活かすのか、注目したい。

 映画の主人公は、国民から嫌われ、史上最低の支持率を叩き出した総理大臣・黒田啓介。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、彼は記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、直近の秘書官たちに助けられながら、ギリギリなんとか日々の公務をこなしていく。やがて、あらゆるしがらみから開放され、真摯に政治と向かい合うことになった啓介は、次第に本気でこの国を変えたいと思い始める、というストーリー。

 そのほか、黒田総理の恩師・柳友一郎を山口崇、記憶を失った黒田を保護する職務熱心な警官・大関平太郎を田中圭、黒田総理と旧知の仲の建設会社社長・小野田を梶原善、石を投げるのが得意な大工・南条実を寺島進、やる気のないSP・古賀を藤本隆宏、黒田総理の秘書官補・野々宮万作を迫田孝也、ギターが上手い衆議院議員・鱒淵影虎をROLLY、鶴丸官房長官(草刈正雄)のオーラのない秘書官・八代をジャルジャル後藤淳平、大統領(木村佳乃)の有能な通訳ジェット・和田を宮澤エマ、黒田総理の息子・黒田篤彦を濱田龍臣が演じる。

 また、同時解禁された予告・特報映像では、三谷監督の真骨頂とも言えるシーンが盛り込まれた。予告編のラストを飾る「記憶にございません!」のタイトルコールは、本編のせりふをそのまま引用し、公開への期待感を高める仕上がりとなっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス