アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『アベンジャーズ』世界興収2位に 日本でも11日間で40億円超えの大ヒット

『アベンジャーズ』世界興収2位に 日本でも11日間で40億円超えの大ヒット

 4月26日より日本でも公開中の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』が世界的に快進撃を続けている。全世界興行収入はすでに21億9374万959ドルを突破し(Box Office Mojo調べ)、公開を迎えわずか11日という驚異的な記録で、かつて社会現象を巻き起こした『タイタニック』(1997年)を超え、全世界歴代興行収入ランキング2位に躍り出た。

 現在1位に君臨している『アバター』(2009年、27億8800万ドル)は、20億ドルの壁を超えるのに47日要したが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』はたった11日で20億ドルを突破。10年近く破られていない歴代1位の作品がいよいよ入れ替わるかもしれない。

 日本でもディズニー史上最速で30億円を突破し、わずか11日間で40億円超えの大ヒット。初日の興行収入は5億736万円、動員33万6186人(4月25日のマラソン上映含む)を記録。その勢いはとどまることを知らず、公開初週末ランキングは第1位を獲得、その後ディズニー史上最速となる7日間で30億円を突破した(06年公開『パイレーツ/デッドマンズ・チェスト』と並ぶ記録)。前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18年)の最終興収をわずか10日間で超え、5月6日時点で、40億8653万円、動員は279万8915人を記録している。

 破竹の勢いで世界の映画史を塗り替えている『アベンジャーズ/エンドゲーム』。人類の半分が消し去られてしまった地球で、35億の人々と仲間を取り戻すために、アイアンマンたち最強チーム“アベンジャーズ”の最後にして最大の逆襲劇を描く。

 「アベンジャーズ」完結編を飾る“魂揺さぶる戦い”に、思いっきり笑って、泣いて、叫んで、”体感“することができる応援上映の実施も決定しており、あす8日より開催劇場が作品公式サイトで順次発表される。

オリコントピックス