アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 宮崎駿監督、七代目尾上丑之助の「祝幕」描く 菊之助「果報なことでございます」

宮崎駿監督、七代目尾上丑之助の「祝幕」描く 菊之助「果報なことでございます」

 歌舞伎役者・尾上菊之助(41)の長男・寺嶋和史くん(5)が、5月3日から東京・歌舞伎座で行われる『團菊祭五月大歌舞伎』で「七代目尾上丑之助(おのえ・うしのすけ)」を襲名する。公演初日にお目見えする「祝幕」を映画監督の宮崎駿氏(78)手がけ、11日、都内で行われた会見でお披露目された。

【写真】その他の写真を見る


 会見には、菊之助、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(70)らが出席。12月の東京・新橋演舞場では、宮崎駿氏の代表作『風の谷のナウシカ』(1984年公開)を新作歌舞伎として上演する。その縁もあり、今回のタッグが実現し「家族そろって大のジブリファン」と笑顔で話した菊之助は「本当に大人にとっても、和史にとっても果報なことでございます」と喜びを語った。

 「祝幕」は、演目になぞらえて牛若丸と武蔵坊弁慶が描かれた。菊之助から直接オファーを受けたスタジオジブリの鈴木敏夫氏(70)は「今年の暮に『ナウシカ』を上演する。これは断れないなと。何が何でも描いてもらわないといけないと宮崎に伝えました」と冗談交じりに回顧。出来栄えについては「(宮崎氏も)『良いんじゃないか』と言っていましたよ」と明かしていた。

関連写真

  • 「祝幕」の原画を手にする(左から)尾上菊之助、鈴木敏夫氏=『團菊祭五月大歌舞伎』の開催会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 宮崎駿氏が手がけた「祝幕」がお披露目 (C)ORICON NewS inc.
  • 「祝幕」の原画を手にする(左から)尾上菊之助、鈴木敏夫氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『團菊祭五月大歌舞伎』の開催会見に出席した尾上菊之助 (C)ORICON NewS inc.
  • 「祝幕」の原画を手にする(左から)尾上菊之助、鈴木敏夫氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『團菊祭五月大歌舞伎』の開催会見に出席した尾上菊之助 (C)ORICON NewS inc.
  • 『團菊祭五月大歌舞伎』の開催会見に出席した鈴木敏夫氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス