• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 『よ〜いドン!』10年間で過去最高の年度平均視聴率10.1%

『よ〜いドン!』10年間で過去最高の年度平均視聴率10.1%

 大阪・カンテレで放送されている『よ〜いドン!』(月〜金 前9:50〜11:15※関西ローカル)の2018年度の平均視聴率が10.1%を記録し、08年の放送開始以来、過去最高の数字となった。占拠率は105週連続30%超えと、“関西の朝の顔”として支持されている(視聴率はビデオリサーチ調べ、関西地区)。

 そんな『よ〜いドン!』の人気コーナーである「となりの人間国宝さん」では、毎回、とある駅を出発点にぶらり歩き、散策する中でたくさんの人々と出会い、印象に残った方を“人間国宝さん”に認定しているが、月亭八光黒田有メッセンジャー)と2人で大阪・日本橋駅周辺をぶらり歩きした春休みスペシャルを3日と10日の2週にわたって放送する。

 「となりの人間国宝さん」春休みSPでは、オープニングで八光が「おめでとうございまーす!」と新婚の黒田を拍手で迎える。そして、黒田がお金のない時代、数週間寝泊まりしていた相合橋付近へ。黒田が20代の頃からお世話になっている、昔ながらの餅屋で、八光から「奥さんを相合橋に連れてきたことはあるんですか?」と尋ねられた黒田。悩んでいると、黒田と長年の付き合いがある店員から「この間、一緒に来た人は違います? 別の人だったとか?」と言われてしまう。

 「ショートカットやった?」とおそるおそる確認し、うなずく店員の様子を見て「ああ、ほなそうやわ」と一安心。しかし、安堵したのもつかの間、黒田の過去を知る店員の“ある発言”によって一波乱が巻き起こる。八光から何度も過去の恋愛について蒸し返され、いじられまくった。黒田が「もうええ、結婚しとるから! 笑ってるけどさ、まぁまぁ怖いねん」と本音をこぼす場面も。

 ぶらぶらしていると、気になる看板を発見。訪問したのは、ペット専門のフォトスタジオ。そこで出会った写真家の男性は、“どんな動物でもカメラ目線で撮影できる”方法があると言う。「人間でも見ますよ」と黒田がすかさずつっこんだ、その方法とは? また、この男性が結婚2年目だと判明し、奥さんも現場に呼び出すことに。すると、ロケ中、自ら新婚話を持ち出さなかった黒田が「1つ聞きたいんですけど、新婚の時って○〇の話とかする?」と質問するが、夫婦ともに苦笑いしながら否定。その答えを聞いた黒田が「大丈夫ですかね?」と不安になった、妻との歳の差によって引き起こされる悩みとは?

 ほかにも、黒門市場を歩いている中で出会ったおばさまたちに八光が質問! 「どのようにしたら結婚生活はうまくいくでしょうか?」「これだけはやったらあかんことはありますか?」と、結婚生活50年以上の“先輩”から、ありがたいアドバイスをもらう。八光がブラックジョークをはさみ、それに鋭いツッコミを入れる黒田。そんな仲良しコンビのぶらり歩きをお届けする。

■番組情報
メインパーソナリティー:ハイヒールモモコ
レギュラーパーソナリティー:円広志
パネラー:ロザン、月亭八光、青木さやか(3日ゲスト)、正門良規小島健Aぇ!group)(10日ゲスト)
VTR出演:黒田有(メッセンジャー)
進行:高橋真理恵(関西テレビアナウンサー)

オリコントピックス

 を検索