ドラマ&映画 カテゴリ

吉高由里子、ドラマ原作者が「原作超え」を公認「はるかに超えて魅力的」

 女優の吉高由里子が主演する4月16日スタートのTBS系連続ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(毎週火曜 後10:00)の撮影現場を、原作を手がけた朱野帰子(あけの・かえるこ)氏が激励訪問した。撮影を見学した朱野氏は「結衣役の吉高さんも、晃太郎役の向井(理)さんも、ほかの役柄の皆さんも、原作をはるかに超えて魅力的です。小説とドラマのどっちが先にできたのかわからないという気さえしてきます(笑)」と実写化に太鼓判を押した。

 今作は朱野氏による『わたし、定時で帰ります。』シリーズ(新潮社刊)をもとに、過去のある出来事でトラウマを抱え、以来「必ず定時で帰る」というモットーを貫くワーキングガールで主人公の東山結衣(吉高)が同僚たちのさまざまな悩みに寄り添い、時に振り回され、そして解決していく、新感覚のお仕事ドラマ。

 この日は主演の吉高をはじめ、向井、内田有紀ほか、主要キャストが集結するオフィスシーンを見学。朱野氏は「自分が数行で書いたオフィスが想像以上に再現されている・・・!」とうれしそうに語り、吉高と談笑する場面もあった。

 実際にその精巧なセットを目の当たりにし、「私もこの会社で働きたいと思うくらい素敵で、その中で俳優さんたちが動き回っている光景は、実在の職場を覗いているのではないかと錯覚するくらいリアルでした」と感激。

 主演の吉高については「社会の枠組みには完全に取りこまれずにいて、でも周囲を俯瞰する目も常に持っている人、という印象があって密かに憧れていました。なので、新しい時代のヒロインを描こうとする時はいつも吉高さんのイメージが頭の奥にありました。今回、結衣役を演じていらっしゃるのを拝見して、改めて、夢が一つ叶ったという思いでいっぱいです」と実写版・結衣にお墨付きを与えていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索