アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『ポツンと一軒家』、関東・関西とも17%超え 大河の敵は一軒家にあり?

『ポツンと一軒家』、関東・関西とも17%超え 大河の敵は一軒家にあり?

 ABCテレビが制作し、テレビ朝日系で10日に放送された『ポツンと一軒家』(毎週日曜 後8:00)の番組平均視聴率が、関東地区で17.0%、関西地区で17.3%だったことが11日、わかった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ)。レギュラー放送回およびレギュラー化前の特番含め、関東地区では自己最高視聴率となった。

 同番組は、日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家を衛星写真だけを手がかりに捜索。そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!? 実際にその地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていくドキュメントバラエティー。

 『人生で大事なことは○○から学んだ』(2017年1月〜9月)内の1コーナーとしてはじまった企画が、独立して特番化され、18年10月7日より日曜夜のレギュラー番組としてスタート。以降、17回のレギュラー放送で連続して2ケタ視聴率を記録(10月7日、11月11日、1月6日のSP回は午後7時以降の平均)。

 在宅率が高いとされる日曜よる8時台は、NHKでは大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』、民放各局では日本テレビの『世界の果てまでイッテQ』をはじめ、家族で楽しめるバラエティー番組がひしめき合う激戦区で快進撃を続けている。

 10日の放送では、衛星写真で見つけた和歌山県内の一軒家を探していたところ、早々と営林署が管理する作業小屋であることが判明。ロケが空振りに終って落胆するディレクターのもとに、地元の人から新たな“一軒家”の情報が寄せられ、「備長炭を作っている、黒いヤギと犬のいる家」を発見。田舎暮らしがしたくて、移住してきた一家の暮らしぶりが紹介され、MCの所ジョージ林修、ゲストの飯豊まりえ泉谷しげるらが羨望の声を上げていた。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019