ドラマ&映画 カテゴリ

ヒットメーカー・野木亜紀子、『アンナチュラル』で2度目の年間「脚本賞」受賞【2018 年間ドラマ賞】

オリコンのエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が2018年の年間大賞を発表。「脚本賞」は、石原さとみ主演の金曜ドラマ『アンナチュラル』(18年1月期)を手がけた野木亜紀子が受賞した。野木による年間大賞の受賞は、TBS系『重版出来!』、『逃げるは恥だが役に立つ』を手がけた16年に続き2度目。前回はともに人気漫画原作の実写化作品だったが、今回は満を持してオリジナル脚本の作品での受賞となった。

同ドラマは、1話完結の法医学ミステリーでありながら...

この記事の画像

  • 金曜ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)を手がけた野木亜紀子が『コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞 2018』脚本賞を受賞 (C)TBS
  • 『コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞 2018』に輝いた、TBS系金曜ドラマ『アンナチュラル』より (C)TBS

提供元: CONFIDENCE

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索