• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • テレ朝の宇賀なつみアナ、4月以降は「個人で活動」 10年間に感謝し今後を決断

テレ朝の宇賀なつみアナ、4月以降は「個人で活動」 10年間に感謝し今後を決断

 3月末までの出演をもってテレビ朝日を退社することを発表していた宇賀なつみアナウンサー(32)が15日、自身のブログを更新。改めて感謝の言葉を伝えるとともに、4月以降について「個人でコツコツと活動していくことにしました」と報告。あわせて、ブログも3月末で閉鎖し、インスタグラムを再始動することを伝えた。

 「皆さまへ」のエントリーで宇賀アナは「退社を発表してから、私にはもったいないくらいの温かいお言葉を、たくさんの方々からいただきました。本当にありがとうございます」と感謝し「様々なお誘いやご提案をいただき、この10年間は間違っていなかったんだと感じることができて、とても嬉しかったです」と胸中を吐露。

 1月11日に出演したレギュラーを務める『羽鳥慎一モーニングショー』では「春以降の予定というのは、まだ決まっていません」としていた宇賀アナは「自分なりに色々と考えた結果、4月以降は、個人でコツコツと活動していくことにしました」と明らかにした。

 続けて「この3年半、毎週、全国各地の老舗を取材させていただきました。製造から販売、経理や営業、宣伝・PRと、全てを自分たちで行い、時代が大きく変わっていく中で、伝統を守りながら進化を続けてきた逞しさ、しなやかさに魅力を感じ、家族が毎日一緒にいることに憧れました」との思いを告白。

 「会社を離れることを決断し、さぁこの先、どうやって生きていこうかと考える中で、カタチは異なりますが、私も個人の力を磨いていきたいと思うようになりました」と伝え「小さな小さな力しかありませんが、ひとつひとつの出会いを大切に、本当に必要としてくれる人たちと、本当に心の動く仕事をしていけたらと思います」と決意を新たにした。

 最後は「こちらのブログは3月いっぱいで終了してしまうので、何か他の場所を考えようと思っているのですが、ひとまず、だいぶ前にアカウントを作ったのにずっと放置していたInstagramを、いまさら始動させてみようかと思います。笑」といい、今後については「こちらから、ご報告させてください!! 驚きと感動に満ちた日々になりますように」と結んだ。

 宇賀アナは東京都出身、立教大学社会学部卒。2009年4月入社以来、報道・情報番組を中心に活躍。『報道ステーション』2代目気象キャスターを2年、スポーツキャスターを3年担当。14年4月より『グッドモーニング!』サブキャスター就任。『ココがポイント!!池上彰解説塾』の進行なども務めた。

オリコントピックス

 を検索