アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 佐藤二朗&リリー&向井理、“おじさん論”で盛り上がる「どこからおじさんなんだろう?」

佐藤二朗&リリー&向井理、“おじさん論”で盛り上がる「どこからおじさんなんだろう?」

 俳優の佐藤二朗(49)、リリー・フランキー(55)、向井理(37)が10日放送のフジテレビ系トークドキュメンタリー『ボクらの時代』(毎週日曜 前7:00)に出演。番組では毎回、さまざまなジャンルで活躍するゲストが集い、多彩な話題や事象を取り上げていく。ドラマや映画などの共演で親交を深めた3人は、“おじさん論”で盛り上がりをみせる。

【写真】その他の写真を見る


 朝7時からの番組にもかかわらず、「(自分にとっては)朝の番組ではないです。徹夜で飲んだ人が見ている深夜番組(笑)」と言うリリーを筆頭に、とにかく好きな事を話し続けた3人。このメンバーでは最年少の向井だが「10代の時から考えたら…もう37なんで、十分おじさんだと思いますけどね。そんなに感覚的には変わっていないから、成長していないなとは思いますけど。だから、どこからおじさんなんだろう?」と首をかしげる。

 すると佐藤は「山田孝之の名言で、思いついただじゃれを口にしないと気が済まなくなったらおじさん」と例に挙げ、その考え方にはリリーも「もやもやしたものを吐き出さないと気が済まない。だじゃれを言うのは、人前でおならをすることが抵抗なくなるみたいなのと同じ」と同意。「今、セクハラとかあるからアレなんだけど、(おじさんになって)割とスタッフの女性とかに軽口叩けるようになった」という佐藤が2人にツッコミを入れられる展開に。さらに3人は、おじさんになって良かったこと、若者への接し方でも話が弾む。

 そんな佐藤は、同局バラエティー『超逆説クイズバトル!!99人の壁』(毎週土曜 後7:00)で初めてのメインMCを担当中とあって、友人であるリリーと向井も同番組には注目しているそう。リリーが「あれを見ると、本当にみんな、いろいろな夢中になっていることがあってうらやましいなと思ってね」と憧れると、向井も「そうですね。自信を持って、ああやって(番組に)出られるくらい打ち込んでいることがあるっていうのはうらやましいなと」と感心。

 自分の得意分野を武器に、一人の挑戦者が、立ちはだかる99人と戦うクイズとあって「自分が出場するとしたらどんな得意分野で挑戦するか?」という話題では、一同考え込んでしまうのだが、そこでリリーからちょっとエッチなジャンルの提案が飛び出し、佐藤から「土曜の夜の7時です!」と釘を刺される場面も。

 佐藤は、MCについて「“お前が一番、進行わかってないじゃないか”っていうMCを演じているつもりで。まあ、本当にわかってないんだけど」とスタンスを明かす。番組に挑戦者として出場する子どもたちには「(何かを)好きになると、もうどんどんのめり込んでいく。大人になってから役に立つ、立たないっていう打算ではなく、とにかく好きになることはいいことだなって、あの番組やってて思う」と熱い思いものぞかせていた。



関連写真

  • 10日放送『ボクらの時代』に出演する(左から)リリー・フランキー、佐藤二朗、向井理 (C)フジテレビ
  • 10日放送『ボクらの時代』に出演する向井理(C)フジテレビ
  • 10日放送『ボクらの時代』に出演するリリー・フランキー(C)フジテレビ
  • 10日放送『ボクらの時代』に出演するリリー・フランキー、佐藤二朗、向井理(C)フジテレビ
  • 10日放送『ボクらの時代』に出演する佐藤二朗(C)フジテレビ

オリコントピックス