アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • チョコプラ、IKKO&和泉元彌ものまねに新展開 本人との4人組結成に意欲「サーカスみたいな…」

チョコプラ、IKKO&和泉元彌ものまねに新展開 本人との4人組結成に意欲「サーカスみたいな…」

 お笑いコンビのチョコレートプラネットが6日、都内で行われた映画『パペット大騒査線 追憶の紫影』公開直前アフレコイベントに参加。長田庄平が和泉元彌、松尾駿がIKKOと、おなじみの扮装で登場すると「僕らはIKKOさんと元彌さんのジェネリックでやっていますから」と笑顔でアピールした。

【写真】その他の写真を見る


 すっかりとおなじみとなった、IKKOと元彌のものまねで「そろりそろり」「どんだけ〜」を連発。さらに、松尾はIKKOの仮装のまま、新作の坂上忍ものまねを披露するという、入り組んだ構成で笑いを誘ったが「坂上さん本人から公認をもらったのですが、そこからひどくふざけているから…」とヒヤリと汗をかいた。

 先日は、IKKO&元彌ご本人コンビと共演する機会があったようで「IKKOさんと元彌さんのうしろに僕らが映っている形だったので(視聴者は)映像がブレているみたいな感覚になるんじゃないかな」とニヤリ。“4人組”での活動を期待する声には「去年までは、僕たちとIKKOさんが共演する機会が多かったのですが、今年からは元彌さんも入って、4人で動けるようになったので、もうサーカスみたいな感じですね」とものまねの新展開に顔をほころばせていた。

 『セサミストリート』を生んだジム・ヘンソンカンパニーが製作を手がけた同作。人間とパペットが共存する世界を「エロくて、エモくて、超おバカな抱腹絶倒のバディ・アクション・コメディー」として描いており、先日発表された愛すべき最低映画に贈られるラズベリー賞に今年最多の6部門にノミネートしている。

 作品の見どころを聞かれると、長田が「パペリパペリ。パペリの連続でした。なかなか攻めていましたよ。衝撃作ですよ。パペットじゃなかったら、どえらい作品ですよ」とものまねを交えながら紹介。一方の松尾は「IKKOパペットを作って、もうひとつものまねで展開つけたい」と意気込むと、長田が「パペットだったら『どんだけ〜』の口の可動域がハンパないことになるよ」と笑顔を見せていた。

 同作は、22日より公開される。



関連写真

  • IKKO&和泉元彌ものまねの新展開を語ったチョコレートプラネット(左から)長田庄平、松尾駿 (C)ORICON NewS inc.
  • 松尾駿(右)が坂上忍のものまねを披露 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『パペット大騒査線 追憶の紫影』公開直前アフレコイベントに参加したチョコレートプラネット (C)ORICON NewS inc.
  • チョコレートプラネット(左から)長田庄平、松尾駿 (C)ORICON NewS inc.
  • チョコレートプラネット(左から)長田庄平、松尾駿 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス