• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 趣味
  • プラレール、昭和・平成を走り抜けて60周年 レール総距離は地球約2周半

タカラトミーから発売されている鉄道玩具「プラレール」が、今年60周年を迎える。「プラレール」の原型は、金属の玩具が主流であった1959年に、当時の最新素材であったプラスチックの玩具として発売された「プラスチック汽車・レールセット」。象徴的な青いレールは、当時家族が団らんの時を過ごした「ちゃぶ台」の上で遊べるサイズ(※曲線レールを8つつなげてできる円の直径が47センチ)で設計された。この規格は60年経った今でも変わっておらず、当時のレールと最新のレールをつなげて遊ぶことができる。 日本でこれまでに発売された商品の種類は、累計約1480種類。日本でこれまでに発売された商品の数は1億6900万個以上。これまでに販売されたレールの総距離は9万8700キロ以上で地球約2周半分に相当する(※数字はすべて2019年1月現在)。1994年より10月14日は「プラレールの日」(※初の電動車両が発売された月であり、鉄道の日でもあることから)として知られている。

この記事の画像

  • 60周年・プラレールは続くよどこまでも…「プラレール」の原型となった「プラスティック汽車・レールセット」(1959年)(C)TOMY
  • ちゃぶ台の上で遊べるサイズで設計されたレール(C)TOMY
  • 巨大な“青いレール”も出現! 「プラレール60周年SLスチーム号」が登場(C)TOMY
  • プラレールの進化(C)TOMY
  • 初の電動車両「電動プラ汽車セット」(1961年)(C)TOMY
  • 初の実在する車両「プラ電動夢の超特急ひかり号レールセット」(1964年)(C)TOMY
  • 初のライト付き車両「ライト付きひかり号」(1979年)(C)TOMY

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索