アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 田中美佐子、『捜査一課長』出演 内藤剛志と一緒に「ホシを挙げる!」

田中美佐子、『捜査一課長』出演 内藤剛志と一緒に「ホシを挙げる!」

 俳優の内藤剛志が主演するテレビ朝日系ドラマシリーズの最新作『警視庁・捜査一課長スペシャル』が6日(後9:00)に放送される。ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)が、「必ずホシを挙げる!」と捜査員たちを率いて、難事件を解決していく。今回は、女優の田中美佐子がメインゲストとして出演。渋谷中央署の女性刑事、その名も馬場呂亜(ばば・ろあ)。

【写真】その他の写真を見る


 10年前の強盗殺人犯が“宝石だらけの遺体”となって見つかるところからはじまる、謎に満ちたストーリー。捜査を進めるうち、10年前の事件を目撃した男性の妻・姫原千尋(萬田久子)の存在が浮上。彼女はなぜか“過去”を忘れて華やかに生まれ変わっていて…!?

 馬場刑事は10年前、大岩とともに強盗殺人事件の捜査に当たった敏腕捜査員。“警視庁一の記憶力”の持ち主であり、“IQ250の超天才”とも噂されている切れ者だが、実は、10年前の失敗が彼女の中に大きな影を落としていて…!? 事件の謎を追ううち、彼女が抱える心の傷も明らかになっていく。

 内藤と田中は過去何度も共演してきた間柄だが、夫婦役、恋人役が多く、刑事役でタッグを組むのは初。内藤は「彼女はクールビューティーなのに子どもみたいに無邪気なところもあって、“振り幅”の大きな女優さん。信頼の置ける仲間です」と田中に全幅の信頼を寄せている。

 田中もまた「内藤さんはひと言で言うと、“でっかい人”。気の小さな私を内藤さんが“ケ・セラ・セラ”という感じで励ましてくれるので、現場の居心地もすごくよくて、まさに撮影現場でも“一課長”そのものなんですよ!」と、内藤と捜査一課長の姿がオーバーラップすると話していた。

 田中はまた、「“チーム愛”や“妻の愛”など、たくさんの“愛”が事件に絡んできます。ストーリーが複雑なので途中、頭の中にクエスチョンマークがいっぱい浮かぶのですが、最後はパズルのピースがぴったりハマったときのような快感が待っていますので、ぜひ謎解きを楽しんでいただきたいですね」と、今回のスペシャルのみどころを解説。

 内藤も「まずは田中美佐子のクールビューティな刑事役を楽しんでいただきたいのですが、彼女が演じる馬場呂亜が、逃れられない記憶をどのように乗り越えていくのかがひとつのみどころ。また、萬田さん演じる千尋という女性がなぜ美しく変身しなければいけなかったかも、もうひとつのテーマ。2時間の間に、2人の女性がそれぞれの壁をどう破っていくのかを見ていただきたいですね!」と、力強くPRした。

 さらに、内藤は「実は、2018年9月に父を亡くしたんです。95歳で眠るようにして亡くなったのですが、彼から見れば、僕なんてまだまだガキだなと思うので、父を亡くしたことをきっかけに、“よっしゃ〜! ますます全開でいったるぞ!”と決意しました」と2019年も全力疾走することを宣言していた。



関連写真

  • 『警視庁・捜査一課長スペシャル』1月6日、テレビ朝日系で放送。メインゲストは田中美佐子(C)テレビ朝日
  • 。“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一役の内藤剛志(C)テレビ朝日
  • 10年前の事件を目撃した男性の妻・姫原千尋役で萬田久子が出演(C)テレビ朝日
  • 『警視庁・捜査一課長スペシャル』1月6日、テレビ朝日系で放送(C)テレビ朝日
  • 『警視庁・捜査一課長スペシャル』1月6日、テレビ朝日系で放送(C)テレビ朝日
  • 『警視庁・捜査一課長スペシャル』1月6日、テレビ朝日系で放送(C)テレビ朝日

オリコントピックス