アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【いだてん】綾瀬はるか「似た者夫婦を面白く、温かく、演じられたら」

【いだてん】綾瀬はるか「似た者夫婦を面白く、温かく、演じられたら」

 女優の綾瀬はるかが6年ぶりに日曜よるの大河ドラマ(NHK)に帰ってくる。2013年『八重の桜』で幕末のジャンヌ・ダルクを好演した綾瀬。1月6日にスタートする『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)では、主人公・金栗四三(中村勘九郎)の妻となる春野スヤを演じる。第2回(1月13日放送)から登場する。

 『いだてん』は、大河としては33年ぶりの近現代劇。“日本で初めてオリンピックに参加した男” 金栗四三と、“日本にオリンピックを呼んだ男”田畑政治、2人を主役に、1964年東京オリンピックが実現するまでの、明治・大正・昭和にまたがる激動の半世紀を描く。前半は、1912年ストックホルム大会への初参加を目指す、金栗の物語が中心となる。

 「スヤさんは、とにかく前向きで、明るくて、いつも元気。太陽のような女性です。こう思ったらこう、といった真っ直ぐなところにすごく共感を覚えます」と、綾瀬。多くの視聴者が彼女に抱いているイメージにも近いキャラクターが見られそうだ。

 スヤは医者の娘で、村一番のハイカラなお嬢様。そんな彼女が、淡い恋心というか好意を寄せていたのが、幼なじみの金栗だった。結婚してからも、オリンピックにまい進する夫を明るく支え続ける。「四三さんもちょっと不器用なくらい、真っ直ぐな人。信頼できる人だと思います。似た者夫婦を面白く、温かく、演じられたらいいなと思っています」。

 脚本は、綾瀬が大河の主役を務めていた同じ年の連続テレビ小説『あまちゃん』(13年)を手がけた宮藤官九郎。「宮藤さんの脚本は、悲しい出来事があっても一瞬で笑いに変えてしまうところがあって、逆にジーンときてしまう。歴史を重々しく語るのではなく、テンポ良く、ノリも良く、笑いも交えて語ることで、胸を熱くさせる。それがすごくいいバランスで描かれているな、と思いました」。

 第1回は、1959年、五輪招致目前の東京で、落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)が、高座で50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺を語り出す。それは、日本人初のオリンピック参加へ向けての、はじめの一歩。1909年、柔道の創始者、嘉納治五郎(役所広司)が、フランスのクーベルタン(近代オリンピックの土台を築いた)の誘いを受けて、ストックホルム大会への参加を決め、初めての派遣選手を選ぶマラソンの予選会で金栗四三を見つけるまでの“プロローグ”のような内容。

 第2回以降、金栗の知られざる熊本での少年時代から第1回で描かれた予選会に至るまでの紆余曲折を、若き日の志ん生とも重ねながら描いていく。

 「登場人物がみんな個性的で、自分の信念を持って、真っ直ぐ生きている人たちばかりだから、そのぶつかり合いがまた、すごく面白い。つらいことも、悲しいことも、苦しいこともあるんだけど、登場人物たちのポジティブさや、人と人の絆に救われる。笑えて、胸が熱くなって、自分も頑張らなきゃって思える作品になっていると思います」と、見どころを語っていた。



オリコントピックス