ドラマ&映画 カテゴリ

西島秀俊の明智小五郎、誕生 相棒は伊藤淳史演じる小林“捜査官”

 俳優の西島秀俊が、江戸川乱歩が生み出した“名探偵・明智小五郎”役に初挑戦することが明らかになった。テレビ朝日の企画で、明晰な頭脳とアクションをさく裂させながら、サイバー犯罪に立ち向かう、「新たな明智小五郎像が誕生したと思います」と西島。来年、2夜連続スペシャルドラマとして放送される。

 タイトルは『名探偵・明智小五郎』。第1夜『SHADOW〜警察データベース流出!! 犯罪者連続殺人』、第2夜『VAMPIRE〜巨大病院サイバージャック!!』。原作の神出鬼没な「怪人二十面相」を世界的ハッカー集団「ファントム20」に置き換え、ネット犯罪の脅威が忍び寄る現代日本を舞台に、オリジナルドラマを創作。第1夜では、警察のデータベース流出から巻き起こる犯罪者連続殺人事件に、第2夜では、巨大病院を襲う絶体絶命のサイバージャックに焦点を当てながら、明智が世にはびこる“サイバー犯罪”に挑んでいく。

 西島は「このたび、乱歩先生のお孫さん平井憲太郎氏のご協力をいただき、オリジナル作品としてリメイクさせていただくこととなりました。誕生から90年以上経って、いまだに親しまれる明智小五郎を生み出した乱歩先生に改めて感謝しています」と、感慨もひとしお。「天知茂さんをはじめ、過去に多くの俳優によって演じられてきた明智小五郎を現代版でどう作るのか。企画内容を伺った当初から、興味が沸きました」と明かす。

 オリジナルの明智が誇る頭脳に加え、「サイバーセキュリティー会社の経営者」というサイバー系の知識と技術を持ちながら、「捜査に関してはアナログに寄っています。変装をしたり、危機のときに敵と格闘になったり」と、鍛えあげた肉体も駆使。清濁併せ呑むアプローチで“インターネット社会の闇にうごめく悪”に敢然と立ち向かう。

 西島が「とにかく個性的なキャストがそろっていて、今から皆さんとご一緒するのがとても楽しみ」と語っていた共演者も発表された。「少年探偵団」の小林少年を改め、警視庁刑事部「サイバー捜査支援室」の捜査官・小林芳雄役に伊藤淳史が決定。幾度も共演している西島と伊藤が最強のタッグを組む。

 明智の妻・文代役を演じるのは、『MOZU』シリーズでも西島と夫婦役を演じたことのある石田ゆり子。今回はサイバーセキュリティー企業「AKロジスティクス」の辣腕代表で、明智とは何やら不思議な夫婦関係を築いている女性を魅力的に演じる。小林捜査官の妻・真由美役には岸井ゆきのをキャスティング。連続テレビ小説『まんぷく』で、実年齢26歳にして14歳の少女を演じ切った彼女が、愛する夫も知らない“秘密”を抱えた妻にふんする。

 そして、明智の能力に一目置き、小林に彼を“サイバー犯罪捜査のアドバイザー”としてスカウトするよう命じる警視庁刑事部長・浪越謙次朗役を、香川照之が演じる。

 現場で指揮を執るのは、木村ひさし監督。『TRICK』シリーズや『民王』、『99.9 -刑事専門弁護士-』、『ATARU』など、数々のヒットドラマを手がけてきた。木村監督といえば、コミカルなタッチを織り交ぜた独特な映像表現が特色。今回の『名探偵・明智小五郎』でも、従来の枠にとらわれない縦横無尽な演出で、斬新な明智ワールドを創出する。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索