ドラマ&映画 カテゴリ

新木優子&今田美桜『SUITS』クランクアップ 続編にも期待「お尻を鍛えたい」

 女優の新木優子今田美桜が、17日に最終回を迎えるフジテレビ系月9ドラマ『SUITS/スーツ』をクランクアップした。主人公・甲斐正午(織田裕二)と同じ幸村・上杉法律事務所に勤務するパラリーガル・聖澤真琴を演じた新木は「ここまで豪華なキャストの皆さんの中に参加させて頂いたこと自体が光栄ですし、その皆さんと一体となって撮影できたのは幸せでした」とかみしめた。

【写真】その他の写真を見る


 今田は「早かったですね、あっという間でした。撮影当初は夏で、上着やタイツが熱くて大変でしたが、今では寒くて大変です」とかけぬけた撮影期間を万感の思いで回想。この日は中島演じる鈴木大輔の悪友・谷元遊星役の磯村勇斗も撮了を迎え「あっという間すぎて、撮影を終えた実感がないです。演じた遊星は物語の中で、常に大輔に迷惑をかけてしまう、どうしようもない奴だったので、またどこかに現れて足を引っ張ってしまうんじゃないかという思いもありますね(笑)」とニヤリとした。

 全米メガヒットドラマ『SUITS』を原作に、織田演じる“勝つためには手段を選ばないエリート弁護士”と、中島裕翔演じる“その日暮らしの天才フリーター”という、凸凹バディが、数々の難解な訴訟をあらゆる手段で解決していく、痛快エンターテインメント。

 主演の織田について新木は「音楽好きなところ」が印象に残っているそうで「織田さんは撮影の合間などで、ご自身で選曲された音楽を流してくださるんですが、すごく織田さんのお茶目な部分が出てると言いますか(笑)。最近はクリスマスシーズンなので、クリスマスソングが多かったです。今後、織田さん選曲のBGMが聴けなくなるのはさみしいです」とエピソードを披露。

 劇中では大輔との恋愛要素も描かれており、「私にとっては“月9=恋愛”というイメージもあって“月9”らしいシーンを撮影することに憧れがあったのですが、この作品で中島さんとそういったシーンを撮影できてうれしかったです」と2人の関係の行方に注目だ。

 もしシーズン2が決定したら…という質問に今田は「参加してもいいんですかね(笑)。谷元きょうだいが、どういう絡み方をするか分かりませんが、お話を頂けたらぜひ参加したいです」とアピール。原作ではメーガン・マークルが同じ役を演じている新木は「もし、このメンバーが全員そろって参加できるのでしたらうれしいですね。“シーズン2”に向けてタイトスカートが似合うよう、またお尻を鍛えたいと思います(笑)」とやる気をみせていた。

関連写真

  • 『SUITS/スーツ』のクランクアップを迎えた(左から)新木優子、今田美桜 (C)フジテレビ
  • 『SUITS/スーツ』のクランクアップを迎えた(左から)新木優子(C)フジテレビ
  • 『SUITS/スーツ』のクランクアップを迎えた今田美桜(C)フジテレビ
  • 『SUITS/スーツ』のクランクアップを迎えた磯村勇斗(C)フジテレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索