アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 岡田将生、平成最後のクリスマスに「愛がほしい」

岡田将生、平成最後のクリスマスに「愛がほしい」

 俳優の岡田将生(29)が4日、都内で行われた東海テレビ開局60周年記念SPドラマ『大誘拐2018』(14日 後7:57〜9:55)会見に出席した。大富豪の誘拐を企てる元ヤクザの主人公・戸並健一を演じた岡田は「健一はすごく孤独に育っていて愛に飢えている役。(誘拐相手の)“マザー”に対して愛情が欲しいというのは今の自分にも当てはまって…。僕も愛が欲しくて…、平成最後のクリスマスなので愛がほしい」と素直なコメントで笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 しかし、会見場が思いのほか“意味深”な空気になってしまい「変なこと言ってしまってすいません」と謝罪し、共演の渡部篤郎(50)に「このせりふがカットされるくらい渡部さん、助けてください」とSOSを要請。渡部は「大体、(記事になるのは)これしかでないでしょ。そんなもんなんだから」と報道陣にしたり顔を浮かべつつ「素直でいいよね」とフォローしていた。

 週刊文春『20世紀傑作ミステリーベスト10』の第1位を受賞、1991年には映画化もされた昭和の名作『大誘拐』。今回は舞台を東海地方に移し、人生の一発逆転を目論み刑務所で意気投合した3人と、愛知県に住む日本有数の大富豪で人望の厚き老婦人“マザー”こと柳川とし子(富司純子)によるエンターテインメント誘拐劇。

 岡田は劇中ではとし子を演じる富司に対して「がっつりお芝居させていただいて、すてきな方で尊敬する大先輩」としつつも「今回は元ヤクザ役なので口がよろしくない。富司さんに対して『クソババア、クソババア』って。心を痛めながら申し訳ないなって。富司さんにはリスペクトしながら演じさせてもらいました。品がないな〜と思いながら…」と恐縮。

 一方、誘拐事件の陣頭指揮を執る愛知県警のベテラン名刑事、井狩大五郎を演じた渡部は「河村(たかし)市長の演説の映像をYouTubeで見た」と役作りの参考に。「あと(名古屋出身の)佐藤二朗に電話して。こんな風にって言ったら大笑いしてるわけ。今そんなコテコテにしゃべる人はいないと言いつつ『それを言っている渡部篤郎が見たい』と言われたので、二朗に後押しされた」と裏話を明かした。

 60周年記念にちなみ“60歳”の時の自分について聞かれた岡田は「変わらず60歳になってもこのお仕事は続けられてたらいいな。でも正直、東京から離れて静かなところで過ごしたい」と展望。渡部は「僕は先の話ではないので考えたりする。果たしてやってられるんだろうかとか。将生が行ったように現状維持で仕事するのも難しいのですから。努力して演ってられたらいいな」と思い描いていた。



関連写真

  • 平成最後のクリスマスは「愛がほしい」と語った岡田将生 (C)ORICON NewS inc.
  • 共演の渡部篤郎 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)岡田将生、渡部篤郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 東海テレビ開局60周年記念SPドラマ『大誘拐2018』の会見に出席した(左から)岡田将生、渡部篤郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス