アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『M-1』に新風 塙と志らくの審査 配点とコメントから徹底分析

『M-1』に新風 塙と志らくの審査 配点とコメントから徹底分析

 お笑いコンビ・霜降り明星が、史上最年少、初の平成生まれの王者に輝いた“平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)。新王者の若さも際立ったが、審査員の顔ぶれにも変化があった。昨年に続きオール巨人(67)、松本人志(55)、上沼恵美子(63)、中川家礼二(46)の4人が続投し、2007年大会の王者であるサンドウィッチマン富澤たけし(44)が15年以来2回目のジャッジを担当。そんな中、初めて『M-1』審査員に加わった落語家の立川志らく(55)と、ナイツ塙宣之(40)の2人が新たな風を吹き込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 2002年には、志らくの師匠である立川談志さんが『M-1』の審査員を担当。この日の審査前に、MCの今田耕司から心境を聞かれた志らくは「あの時は、全員凍りついちゃったんです。50点とか出したから。私は普通の審査をしようと思っているんですけど、談志が今降りてきています。体に入っていますから」とニヤリ。一方の塙も「優勝もしてないですし、審査してもいいか迷ったんですけど、テレビに出たかったので。きょう、内海桂子師匠が降りてきています」とかぶせると、今田から「元気ですから!」とツッコミを受けた。

 さて、まずはここでファーストラウンドでの各審査員の配点を見ていきたい。点差が10点以内だったのが、巨人(最低84点、最高93点で9点差)、礼二(最低90点、最高96点で6点差)、富澤(最低86点、最高92点で6点差)の3人。残りの4人は10点以上の点差があり、塙(最低82点、最高98点で16点差)、志らく(最低85点、最高99点で14点差)、上沼(最低84点、最高98点で14点差)、松本(最低80点、最高94点で14点差)となった。

 これだけを見ても、志らくと塙の与える影響力の大きさがわかるが、さらに各コンビでの最低得点と最高得点の点差を確認してみると、最も大きいのは11点差でジャルジャルゆにばーすトム・ブラウンの3組。「国名わけっこ」を披露したジャルジャルに最も高い99点をつけたのは志らくで「ずっと見ていて、ひとつも笑えなかった、だけどものすごく面白かった。頭の中が面白かった。このノリがね、昔のコント55号を思い出すような。ものすごくひかれました」と発想力の豊かさを評価。一方、最も低い88点をつけた上沼は「ジャルジャルのファンなんですが、ネタは嫌いや」と対照的なコメントを寄せた。

 「サザエさんに出てくる中島くんを5人合体させる」という、非常に個性的な設定で勝負したトム・ブラウンでも志らくと上沼の評価が真っ二つに分かれた。最も高い97点をつけた志らくが「何なんですか、あなた達は。意味もまったくわからないんですけど、衝撃を受けましたね。『M-1』では敗退しましたけど、私はあなた達を追っかけ続けます」とラブコールを送る中、最も低い86点をつけたのが上沼。「大熱演。感動しました。ちょっと未来のお笑い。私には歳だからついていけない。(観客が)盛り上がるというのは力だもん、すごいです」とのコメントを寄せた。

 落語家の立場から新たな視点を与えるような漫才を高評価する志らくに対して、塙は現役の漫才師としての感情も交えながら、『M-1』での漫才という点に重きを置いて審査。89点をつけたギャロップには「ギャロップもスーパーマラドーナも一生漫才やっていく仲間みたいな感じがするんですけど、『M-1』の4分の筋肉を使いきれてなかった」と論評し、98点をつけた霜降り明星には「同じ芸人として、面白いかどうかというより、強弱としては2人とも強いので、これは圧倒的に強い人間がやっているなと。よしもとの宝。漫才協会に入ってほしい」と呼びかけるなど、熱い思いと冷静な分析が光った。

 昨年からネタ披露の順番が「笑神籤(えみくじ)」による抽選で直前まで決まらない新ルールが採用されるなど、ここにきて新たな展開を見せ始めている『M-1』。芸人たちの運命を握る審査員も大きなうねりが起こっていることを感じさせる今大会となった。

■『M-1グランプリ2018』ファーストラウンドのネタ順と得点
1見取り図:606点(上沼:88、松本:83、富澤:86、志らく:85、塙:85、礼二:91、巨人:88)
2スーパーマラドーナ:617点(上沼:89、松本:85、富澤:89、志らく:88、塙:89、礼二:90、巨人:87)
3かまいたち:636点(上沼:94、松本:90、富澤:91、志らく:88、塙:92、礼二:92、巨人:89)
4ジャルジャル:648点(上沼:88、松本:92、富澤:90、志らく:99、塙:93、礼二:93、巨人:93)
5ギャロップ:614点(上沼:89、松本:86、富澤:87、志らく:86、塙:89、礼二:90、巨人:87)
6ゆにばーす:594点(上沼:84、松本:80、富澤:86、志らく:87、塙:82、礼二:91、巨人:84)
7ミキ:638点(上沼:98、松本:88、富澤:90、志らく:89、塙:90、礼二:93、巨人:90)
8トム・ブラウン:633点(上沼:86、松本:91、富澤:89、志らく:97、塙:93、礼二:90、巨人:87)
9霜降り明星:662点(上沼:97、松本:94、富澤:91、志らく:93、塙:98、礼二:96、巨人:93)
10和牛:656点(上沼:98、松本:93、富澤:92、志らく:93、塙:94、礼二:94、巨人:92)

■『M-1グランプリ2018』ファイナルラウンド得票数
霜降り明星:4票(巨人、礼二、塙、志らく)
和牛:3票(富澤、松本、上沼)
ジャルジャル:0票



関連写真

  • 『M-1グランプリ2018』で初めて審査員を務めた立川志らく、塙宣之
  • 優勝トロフィーにキスした霜降り明星 (C)ORICON NewS inc.
  • 『M-1グランプリ2018』を制した霜降り明星 (C)ORICON NewS inc.
  • 『M-1グランプリ2018』の司会を務めた今田耕司 (C)ORICON NewS inc.
  • 『M-1グランプリ2018』の司会を務めた上戸彩 (C)ORICON NewS inc.
  • 『M-1グランプリ2018』を制した霜降り明星 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス