アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 石井ふく子、赤木春恵さんの訃報に沈痛「赤木ママの話をするのはつらい」

石井ふく子、赤木春恵さんの訃報に沈痛「赤木ママの話をするのはつらい」

 テレビプロデューサーの石井ふく子氏(92)が29日、都内で行われた朗読劇『九十歳。何がめでたい』公開ゲネプロ後の取材会に出席。自身がプロデュースを手がけたTBS系ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で、泉ピン子演じる五月の姑役を務めた女優の赤木春恵さんが、きょう29日に府中市内の病院で心不全のため94歳で亡くなったことを受けて「私はこの世界で『ママ』と言っているのは赤木さんだけなんです。50何年ご一緒にお仕事をしていましたので、けさ5時すぎにお電話いただいて、そんなバカなことがあるのかなと思いました」と沈痛した面持ちで語った。

【写真】その他の写真を見る


 石井氏は「(赤木さんとは)いつも、一緒に『元気ね!』と言いながら、一緒にお仕事をしていたので、振り向いたら、赤木ママはもういないかなと。きょう、この作品の会見なんですけど、赤木ママの話をするのはつらいです」と率直な思いを吐露。「最後まで立派でしたね。リハーサル室にちゃんとせりふを覚えてきて、役を演じてくださって。『渡る世間〜』とかも、嫌がられる役をちゃんとやってくださりました。お孫さんから『運動会に来ないでよ』と言われたんだと、笑いながら言っていました。それくらい役になって、一つひとつ丁寧に演じてくださった」と偲んだ。

 今回の舞台は、人にはなかなか理解してもらえない高齢者のさまざまな怒りや嘆きを、佐藤愛子氏が本音でつづった同名タイトルのエッセイ集が原作。原作の魅力的なエピソードの中から選択し、芝居の要素も加わった新しい朗読劇に仕上がっている。

 取材会にはそのほか、三田佳子井上順石野真子高田翔も出席。同作は、あす30日から12月1日まで東京・明治座にて上演される。



関連写真

  • 「赤木ママの話をするのはつらいです」と率直な思いを吐露した石井ふく子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)三田佳子、石井ふく子氏(後列左から)高田翔、石野真子、井上順 (C)ORICON NewS inc.
  • 朗読劇『九十歳。何がめでたい』公開ゲネプロ後の取材会に出席した三田佳子 (C)ORICON NewS inc.
  • 朗読劇『九十歳。何がめでたい』公開ゲネプロ後の取材会に出席した高田翔 (C)ORICON NewS inc.
  • 朗読劇『九十歳。何がめでたい』公開ゲネプロ後の取材会に出席した石野真子 (C)ORICON NewS inc.
  • 朗読劇『九十歳。何がめでたい』公開ゲネプロ後の取材会に出席した井上順 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス