アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 松坂大輔、横浜高校の“先輩”上地雄輔と10年ぶりバッテリー復活

松坂大輔、横浜高校の“先輩”上地雄輔と10年ぶりバッテリー復活

 中日ドラゴンズで活躍する“平成の怪物”松坂大輔投手が、12月1日放送のTBS系バラエティー番組『炎の体育会TVSP』(後7:00〜8:54)に初参戦。村田修一(読売ジャイアンツコーチ)、森本稀哲(元プロ野球選手)の“松坂世代”といわれる1980年、81年生まれの3人が一夜限りの「松坂大輔世代軍」を結成し、体育会TV軍と「盗塁対決」「ダイビングキャッチ対決」「ボトルキャップホームラン対決」の3番勝負を行う。

【写真】その他の写真を見る


 体育会TV軍にはスペシャル助っ人として、松坂の横浜高校時代の1学年先輩で、キャッチャーとしてバッテリーを組んでいた俳優の上地雄輔が特別参戦。対決では敵同士だが、今回特別に約10年ぶりとなる上地&松坂投手の黄金バッテリー姿も復活する。

 ボトルキャップホームラン対決」では、ペットボトルのキャップを投げて遊ぶ「キャップ投げ」の考案者で、Twitterに投稿した「キャップ投げ」動画の再生回数は300万回を突破、YouTubeで公開されているカーブやフォーク、スライダーなど11種の投げ方を紹介する「キャップ投げ講座 完全版」で話題を集める京都大学2年生の日野湧也さんが登場。ホームランを打てたらプロの勝ちというルールのもと真剣勝負を繰り広げる。

 最初は遊び感覚の松坂軍だったが、「規格外の切れ味で大きく落ちる高速スライダー」「手前で50センチ浮き上がる超絶ライジングボール」といった、人生で味わったことがない超絶魔球に絶句する。



関連写真

  • 松坂大輔、横浜高校の“先輩”上地雄輔と10年ぶりバッテリー復活(C)TBS
  • 12月1日放送のバラエティー番組『炎の体育会TVSP』の模様(C)TBS
  • 12月1日放送のバラエティー番組『炎の体育会TVSP』の模様(C)TBS
  • 12月1日放送のバラエティー番組『炎の体育会TVSP』の模様(C)TBS
  • 12月1日放送のバラエティー番組『炎の体育会TVSP』の模様(C)TBS

オリコントピックス