ドラマ&映画 カテゴリ

大友康平、『ドロ刑』第8話ゲスト “座長”中島健人の気遣いを絶賛「常に現場を盛り上げてくれた」

 中島健人Sexy Zone)が主演する日本テレビ系連続ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(毎週土曜 後10:00)第8話(12月1日)に、ロックバンド・HOUND DOG大友康平がゲスト出演する。

 同ドラマは『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の福田秀氏の漫画が原作。中島演じる新米刑事・斑目勉(まだらめ・つとむ)と、遠藤憲一演じる伝説の大泥棒・煙鴉(けむりがらす)がバディを組んで事件を解決する新感覚刑事ドラマ。

 大友が演じるのは、警視庁の窓ガラスを割って捕まり、空き巣をやっていたと自白するが、名前も名乗らず指紋も焼き消しており、身元はいっさい不明な男。「俺が煙鴉だ」と言い、誰も知らないはずの13係メンバーの秘密を暴露していく謎に包まれた役どころとなっている。

 大友は今回のゲスト出演にあたって「エンケンさん演じる謎の大泥棒・煙鴉の名を借りて、“自称・煙鴉”として13係を振り回す男を演じさせてもらいました。正統派から個性派までの様々な俳優さんとのシーンはどれも楽しくワクワクさせられました」とコメント。「“若い座長”の中島さんは、抜群の気配りと持ち前の明るさで常に現場を盛り上げてくれていました」と絶賛した。

 ゲスト出演回の見どころについても「監督を頂点に、実にチームワークの良いスタッフさんたちとのスタジオワークはまたひとつ良い記念になりました。シリアスからコメディまで振り幅の大きい、まるでジェットコースターのような内容は観てくれる方達の視線を釘づけにすること間違いないです」とアピールしていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索