ドラマ&映画 カテゴリ

キスマイ宮田俊哉、“やすらぎ”メンバー入り 先輩・風間俊介の兄役に恐縮

  アイドルグループ・Kis-My-Ft2宮田俊哉が、来年4月スタートのテレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻(とき)〜道』に出演することが明らかになった。先に出演情報が発表済みの風間俊介ふんする根来公平の兄・公次を演じる。13歳から公平役を演じる風間が人生初の丸刈りにしたのと同様、宮田も役づくりのため、「赤ちゃんのとき以来」という短髪に刈り上げ、このほど山梨県内のロケ地でクランクインした。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、脚本家・倉本聰氏が手がけ、2017年4月〜9月に放送された『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ「道」が映像化されていく、という壮大な物語。

 菊村が綴るドラマ「道」は、山梨県のとある山間の村を舞台に昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の物語で、テーマは“ふるさと”。昭和初期からはじまり、戦中、戦後、平成という時代の移り変わりを、1年間をかけて描いていく。作品の前半の主演は、清野菜名。戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、いわば主人公の晩年を八千草薫が演じる。風間が演じる公平は、後にヒロイン・しのの夫となる男。晩年は橋爪功がバトンを継ぐ。

 宮田が演じる公次は、養蚕農家の次男((風間演じる公平は四男)。山梨県内の桑畑でのロケから撮影に加わった宮田は、キスマイの活動時とは180度異なる、仕事着+地下足袋+手ぬぐいという地味な姿で、農作業に没頭するシーンや、クマの出没を知らせるため桑畑を全力疾走する場面を熱演した。

 風間と宮田のドラマ共演は、今回が初めて。実年齢では風間が5歳年上で先輩にもかかわらず、“兄”を演じることになった宮田は「実年齢は僕の方が年下だし、風間くんは大先輩だし、超えなくてはいけない壁があるなと思いました…」と、プレッシャーを感じていた様子。

 風間からも「作品が終わるまで“公次兄ちゃん”としか呼ばない」と宣言された上、「お兄ちゃんなんだから、僕に敬語を使わないように。“公次兄ちゃん”についていくからね!」と畳み掛けられ、あわてて「お、おぅ! ついて来い!」と“兄”らしく応えたが、「なんだか新種のパワハラを受けている気分です(笑)」とちょっぴり困った笑顔を浮かべていた。

 互いの髪型については、「先輩にこんなことを言うのも失礼ですが、“子どもじゃん!”と思いました(笑)。役柄の年齢と違和感がないですね」(宮田)、「すごく似合っていますね!」(風間)とほめ合っていたが、宮田は「ウチの母が元々ジャニーズ大好きで、小さい頃から“堂本光一くんの写真を持って美容室に行きなさい”という教育を受けてきたので、この短さを見たらビックリしちゃうと思います(笑)。なんだかスースーします…」と、人生初の短髪になかなか慣れないことを明かしていた。

 さらに、風間から「倉本先生の台本で、これだけの名優たちが集まって、しかも普通のドラマよりはるかに長い時間、役と向き合うことができる。こんな機会は人生でもうめぐってこないので、2人で思いっきり楽しんでいこう」とエールを送られ、宮田は「風間くんが言うように、この先、絶対にめぐってこないような大きなチャンスなので後悔はしたくない!」と、役に挑む決意を力強く語っていた。

 風間と宮田の母・根来アヤ役は岸本加世子、本家の兄・根来鉄兵役は平山浩行が演じることも発表された。主人公・菊村が入居する施設「やすらぎの郷」に新たにコンシェルジュとして着任したアラフォー美女・有坂エリ役で板谷由夏が出演。エリの出現は菊村に新たな胸の高鳴りをもたらす。

■風間俊介のコメント
 宮田とは彼が事務所に入ったときからの縁なのでずいぶん長いつきあいですが、共演は初めて。後輩と一緒にお芝居をする機会はあまりなかったので、僕にとってもすごく珍しい体験です。

 今回の共演者はみんな年齢がバラバラなのですが、それを取り払って普段から家族や友人として接していこうという話をしていました。なので今後、宮田が僕に敬語を使うような場面があったら、見かけた共演者が叱ることになりました(笑)。これから先、僕はこの作品が終わるまで宮田のことは“公次兄ちゃん”としか呼びません! 2人で先輩後輩の“壁”を乗り越えていきたいと思います。

 2つの物語が精巧に絡み合う面白い作品です。僕らは今のところ片方の物語しか現場を知らないのですが、2つの物語が重なり合ったときにどれだけスゴイことが起きるのか僕自身、楽しみにしています。間違いなく、すべてのドラマ好きが喜ぶ作品になると思うので、ぜひお楽しみに!

■宮田俊哉のコメント
 最初にお話を聞いたときにまず思ったのは、「嘘でしょ?」。それが、率直な気持ちでしたね。本当にゾワっとして、作品の中に自分が入れるのかめちゃくちゃ不安だったのですが、その一方で大先輩の風間くんが一緒だと聞いて安心感もありました。

 昔、風間くんのバックで踊っていた時代はありましたが、お芝居をご一緒するのは初めて! いざ一緒に演じてみて、実年齢は僕の方が年下だし、風間くんは大先輩だし、これは超えなくてはいけない壁があるなと思いました。僕は皆さんよりひと足遅れて現場に入ったのですが、すでにお互いを役名で呼び合うような空気感を風間くんが作ってくれていて、やっぱり現場の空気作りがすごく上手だなと思いました。

 髪を切った直後にキスマイのグループメールに写真を送ったら、「アリだね!」みたいな返信をみんなが送ってくれたのでよかったなと思いました。藤ヶ谷(太輔)からは「志村けんさんがコントで子ども役を演じるときみたいだね」と言われて、「なんかわかる!」と思いました(笑)。

 台本がとても面白く、感動して泣いてしまったところが多々ありました。どの世代の方が見ても面白い作品だと思うので、子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、たくさんの方々に見ていただきたいです。

関連写真

  • 2019年4月スタートのテレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻(とき)〜道』兄・根来公次役=宮田俊哉(Kis-My-Ft2)と弟・公平役=風間俊介(C)テレビ朝日
  • 2019年4月スタートのテレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻(とき)〜道』公平たちの母で四男二女を育てる、大らかな根来アヤ役の岸本加世子(C)テレビ朝日
  • 2019年4月スタートのテレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻(とき)〜道』公平たち根来家の本家の長男、根来鉄兵役の平山浩行(C)テレビ朝日
  • 2019年4月スタートのテレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻(とき)〜道』「やすらぎの郷」で新たに働きはじめたコンシェルジュ、有坂エリ役の板谷由夏(C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索