アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ドラマ『恋ツミ』矢本悠馬、『カメ止め』真魚、斎藤工ら出演決定

ドラマ『恋ツミ』矢本悠馬、『カメ止め』真魚、斎藤工ら出演決定

 柏木由紀AKB48/NGT48)と伊藤健太郎のダブル主演による、MBS/TBSドラマイズムの連続ドラマ『この恋はツミなのか?』(MBS:12月2日スタート、TBS:12月4日スタート、全4話)のポスタービジュアルと新たなキャストが発表された。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、今年6月にコミックスが発行されたばかりの鳥島灰人氏による同名漫画(小学館)。伊藤演じる冴えない童貞サラリーマン・小日向大河と柏木演じる年上女流棋士・駒田多恵の“ツミ”気味の格差恋愛を描いていく。

 ポスタービジュアルの撮影に、柏木は原作表紙に近い赤の着物と髪飾りで、伊藤はサラリーマンらしい引き締まったスーツ姿で臨んだ。主演2人が背を合わせ、近くて遠い(?)関係性が伺える構図となっており、背景にうっすら浮かびあがる将棋盤と、2人の周りを舞う駒が、ドラマの世界観を表現している。

 追加キャストには、大河と同期の田崎わたる役に、『今日から俺は?』(日本テレビ)や『ルームロンダリング』(MBS/TBS)に出演し、伊藤との共演歴もある矢本悠馬。多恵の後輩女流棋士・田代早苗役には、映画『カメラを止めるな!』で主人公の娘を演じて注目の的となり、今後の活躍に大きな期待のかかる真魚

 多恵の熱狂的なファン・坂田役には、映画『ケンとカズ』で高崎映画祭最優秀新進俳優賞を受賞し、幅広い役柄で挑戦を続けるカトウシンスケ。大河と同期のマドンナ・江口茜役には『きみが心に棲みついた』(TBS)の為末れいか役や感覚ピエロのミュージックビデオなどで存在感を示した若手女優・田中真琴。大河の上司・結城弘人役には、数多くの受賞作に出演し、待機作に『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』、『銃』などを控える村上淳が決定した。

 さらに、多恵の恩師である加藤先生役として、斎藤工が友情出演。多恵が将棋の道に進むきっかけも描かれる。

■放送情報
MBS:12月2日スタート、毎週日曜 深0:50〜
TBS:12月4日スタート、毎週火曜 深1:28〜



関連写真

  • MBS/TBSドラマイズム枠で12月放送、『この恋はツミなのか!?』柏木由紀と伊藤健太郎のポスタービジュアル(C)「この恋はツミなのか?」製作委員会・MBS
  • MBS/TBSドラマイズム枠で12月放送、『この恋はツミなのか!?』田崎わたる役の矢本悠馬(C)「この恋はツミなのか?」製作委員会・MBS
  • MBS/TBSドラマイズム枠で12月放送、『この恋はツミなのか!?』加藤先生役の斉藤工(C)「この恋はツミなのか?」製作委員会・MBS
  • MBS/TBSドラマイズム枠で12月放送、『この恋はツミなのか!?』田代早苗役の真魚(C)「この恋はツミなのか?」製作委員会・MBS
  • MBS/TBSドラマイズム枠で12月放送、『この恋はツミなのか!?』坂田役のカトウシンスケ(C)「この恋はツミなのか?」製作委員会・MBS
  • MBS/TBSドラマイズム枠で12月放送、『この恋はツミなのか!?』江口茜役の田中真琴(C)「この恋はツミなのか?」製作委員会・MBS
  • MBS/TBSドラマイズム枠で12月放送、『この恋はツミなのか!?』結城弘人役の村上淳(C)「この恋はツミなのか?」製作委員会・MBS

オリコントピックス