アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 宮野真守&櫻井孝宏、アニゴジ完結に感慨「愛が爆発しています」

宮野真守&櫻井孝宏、アニゴジ完結に感慨「愛が爆発しています」

 ゴジラ映画史上初のアニメーション映画『GODZILLA』三部作の最終章、『GODZILLA 星を喰う者』の公開記念舞台あいさつが10日、都内で行われ、声優の宮野真守櫻井孝宏花澤香菜上田麗奈小澤亜李静野孔文監督、瀬下寛之監督が出席した。

 『星を喰う者』をもって、完結を迎えることになる通称「アニゴジ」は、二万年もの間、地球に君臨し続けてきた「ゴジラ」と、絶滅の縁に追い詰められながらもそれに抗う「人類」の物語。最終章では、超科学が生み出した<メカゴジラシティ>をも焼き尽くし、地上の覇者となった究極の生命体<ゴジラ・アース>と高次元怪獣<ギドラ>がついに激突する。

 主人公・ハルオを演じた宮野は「ずっとハルオの気持ちが奥底にあった2年間でした。そのハルオが最終章で生き様をしっかりと皆様に見せると思う。これを受け取ってもらう映画だったんだなと思います」と完結に感慨深げ。メトフィエス役の櫻井も「愛が爆発しています。スクリーンから愛が漏れ出ています」と、上映前の観客に力の入れようをアピールした。

 最終章では、主人公・ハルオと、異星人で宗教種族のメトフィエスの対立の行く末も見どころとなる。宮野が「メトフィエスの言葉にトゲがなく、ハルオは心をかき乱された。この音色を出せる声優は、櫻井さんしかいない」と称賛すると、櫻井は目の前の報道陣に「ぜひ太字でお願いします」と呼びかけて笑わせていた。



オリコントピックス