アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ミュージカル新プリンス・古川雄大、TBSドラマ初レギュラー「いいスパイスとなれるように精進」

ミュージカル新プリンス・古川雄大、TBSドラマ初レギュラー「いいスパイスとなれるように精進」

 俳優の古川雄大(31)が18日放送のTBS系日曜劇場『下町ロケット』(毎週日曜 後9:00)第6話より追加キャストとして出演することがわかった。“ミュージカル界の新プリンス”との呼び声高い古川はこれが同局連ドラ初レギュラー。古川は、大農家の三男坊であり、農林協(農林業協同組合)に所属する吉井浩を演じる。

 同ドラマは11日放送の第5話で第1章「ゴースト編」が終了。18日放送の第6話からは、第2章『ヤタガラス編』がスタート。吉井は農林協を通さずにスーパーや個人客と直接取引をする殿村(立川談春)を目の敵にするというキャラクター。三男坊として甘やかされて育ったがゆえにあらゆる物事を軽視し、「米なんて食えればいい」など不遜な態度を取る吉井に、米作りに人生をかける殿村は反発するのだが・・・。

 前作を視聴者として楽しんでいたという古川は「とても素晴らしい作品で見入っておりました。そんな作品に出演できることがとてもうれしいです」と歓喜。「この作品は善と悪、仕事に対して愛情を注ぎ信念のまま真っ直ぐ進む人々と、様々な欲望に駆られ間違った方向に進む人々とがはっきり分かれていると思っています」と分析しながら「後者を演じさせていただくうえで、とても豪華で個性豊かな出演者の皆様の中に埋もれないよう、作品のいいスパイスとなれるように精進していきます」と前向きに語ってる。

 伊與田英徳プロデュ―サーは古川の起用について「舞台で輝いている姿を拝見して、彼に釘付けになりました」と目を奪われたそうで「実際にお会いするとそうでもないのに、舞台では大きく見えたのが印象的です。そんな彼が、ちょっと難しい役どころとなりますが、映像の中でどんなお芝居をしていただけるのか楽しみです」と期待を寄せている。


■古川雄大プロフィール
1987年7月9日生まれ、長野県出身。
2007年にドラマ『風魔の小次郎』で俳優デビューし、2008年にCDデビュー。
ミュージカル『エリザベート』ルドルフ役で注目を集め、今年は『モーツァルト!』で帝国劇場初主演を務めた。現在『マリー・アントワネット』の公演中で、来年は『ロミオ&ジュリエット』で主演・ロミオ役が控えている。12月25日には中野サンプラザにてアーティストデビュー10周年記念ライブを開催する。



オリコントピックス