アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • “日本一”のコスプレイヤー・えなこ主催、チャリティー撮影会で想いを告白「いちコスプレイヤーとして出来ることをしたい」

“日本一”のコスプレイヤー・えなこ主催、チャリティー撮影会で想いを告白「いちコスプレイヤーとして出来ることをしたい」

 人気コスプレイヤーのえなこが4日、西日本豪雨災害および北海道胆振東部地震への支援のためのチャリティー撮影会を都内で開催。えなこのほか、数十万人以上のTwitterフォロワーを有する、伊織もえ、宮本彩希、火将ロシエル、篠崎こころ、くろねこら有名コスプレイヤーも参加した。

 3部構成で開催された撮影会で、えなこは『幻想神域 -Cross to Fate-』のアルテミス、『モンスターストライク』のパンドラ、『NieR:Automata』の2B(ヨルハ二号B型)を披露。約300人の参加者たちで大いに盛り上がった。

 主催でもあるえなこは撮影会終了後に、「いちコスプレイヤーとして『出来ること』は小さなことですが、皆さんの協力で、より大きな『出来ること』にしたい」とチャリティーに込めた思いを語ってくれた。

 撮影会の売上金は、西日本豪雨災害および北海道胆振東部地震への義援金として日本赤十字社を通じて全額寄付されるという。



オリコントピックス