アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『深夜のダメ恋図鑑』ダメ男が続々 関太、ファイヤーサンダー、ko-daiら

『深夜のダメ恋図鑑』ダメ男が続々 関太、ファイヤーサンダー、ko-daiら

 ABCテレビ・テレビ朝日ほかで放送中の連続ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』。第5話に、ダメ男役で、お笑いコンビ・タイムマシーン3号の関太、『第39回ABCお笑いグランプリ』(今年7月開催)で優勝したファイヤーサンダー(藤田崇之・崎山祐)、同ドラマのエンディングテーマを歌うSonar Pocketのボーカル・ko-daiらが出演する。

【写真】その他の写真を見る


 20代から30代の女性を中心に反響を呼んでいる尾崎衣良氏の同名漫画(小学館『プチコミック』連載中)を実写化した同ドラマ。古賀円(馬場ふみか)、千鳥佐和子(佐野ひなこ)、福間千代(久松郁実)ら3人の女性たちがダメな恋愛に振り回されながらも、ダメ男を的確かつ辛らつに斬っていく。

 関太は、自分のことを棚に上げてぽっちゃり女性を揶揄するデブっちょ男”加藤”を演じる。合コンで「そんなに食べると太っちゃうよ〜」「オレはスレンダーな美人が一番好きなんだよね。ちゃんと摂生している感じがするじゃん?」などと言いたい放題の加藤に元ヤンの円が強烈な一発を見舞う。

 撮影後、関太は「演技とはいえ、結婚してから初の合コンだったので緊張しました(笑)」とニンマリ。関太自身は「飲み会で女の子に説教なんて全くできません」と加藤とは真逆であることをアピールしていた。

 ファイヤーサンダーの2人は、加藤とともに円たちとの合コンに臨む男性役で登場。今回がドラマ初出演となる。

 ko-daiは、円が出会う仕事先の男性、二日市を演じる。きっかけは二日市の携帯の着信音で、円が学生時代によく耳にした駅の発車ベルの音だった。駅名まで言い当てた円に二日市は興味を抱き、お茶に誘う。というのも、二日市は鉄道オタク。話してみると、鉄道に関してはマニアックだが、好感の持てそうな人物。次に会ってみると、二日市がマニアックぶりを爆発させる。

 今作の出演にあたり、ko-daiは「アーティストとしての自分とは全く違う役柄を演じさせていただき、新鮮な経験をさせてもらいました。アーティストSonar Pocket ko-dai とは別の僕を楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントしている。

■『深夜のダメ恋図鑑』第5話、放送情報
ABCテレビ:11月4日 後11:35〜深0:05
テレビ朝日:11月10日 深2:30〜深3:00
※ほかの地域でも放送。TSUTAYAプレミアムでも配信。



関連写真

  • タイムマシーン3号の関太が残念なダメ男を熱演=ABCドラマ『深夜のダメ恋図鑑』第5話より(C)ABC
  • 合コンシーンにファイヤーサンダーの2人も出演(C)ABC
  • 黙っていられなくなった円(馬場ふみか)が加藤(関太)をぶった斬る!(C)ABC
  • ABCドラマ『深夜のダメ恋図鑑』第5話より(C)ABC
  • タイムマシーン3号の関太が残念なダメ男を熱演=ABCドラマ『深夜のダメ恋図鑑』第5話より(C)ABC

オリコントピックス