アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 戸次重幸、入浴シーンの“現場あるある”子役に伝えず「悪かった」

戸次重幸、入浴シーンの“現場あるある”子役に伝えず「悪かった」

 NHK・BSプレミアムで31日に放送される石川発地域ドラマin 小松『いよっ!弁慶』(後9:00)の試写会が25日、東京・渋谷の同局で行われ、主人公・賀川智樹役の大西統眞、東京から来た謎の男・市川勇一役の戸次重幸、智樹の母・仁美役の西田尚美が出席した。

【写真】その他の写真を見る


 石川県小松市を舞台に、江戸時代から250年以上にわたって続く「子供歌舞伎」をめぐる心温まるコメディー。オーディションで選ばれた大西は、劇中で上演される子供歌舞伎で「勧進帳」の主役・弁慶役に抜てきされ、やる気に満ちている小学6年生の役で、今年3月から歌舞伎の稽古(けいこ)に励み、5月にはオール小松ロケの撮影に参加。

 「歌舞伎は初めての経験でメイクも初めてで衣装も初めてで、自分にうまく演じられるか心配でしたが、気持ちよく演じられて楽しかったです。いい思い出でいっぱいです」と、大きな瞳をキラキラさせていた。「練習したんですがなかなかうまくできなくて、自己流になってしまいました」という、見得を切る場面や飛び六歩など、「勧進帳」を披露するシーンは終盤の見せ場の一つとなっている。

 そんな大西の頑張りを戸次も「一生懸命で真面目。東京でも稽古して、小松に行ってから稽古して、いつだって稽古していて、頭が下がる思いでした」と奮闘を称え、「僕は歌舞伎がうまくなくていい、(歌舞伎役者)ぽければいい役だったので楽でした」と笑った。西田も「5ヶ月前はあどけなかったのに」と、撮影以来、久しぶりに会った息子の成長ぶりに目を見張っていた。

 小松には街中のホテルやビジネスホテルなどにも天然温泉があるのも魅力の一つで、劇中でも智樹と勇一が、湯船に浸かって会話するシーンがある。大西は「あたたかそうに見えるんですが、お風呂が冷たくて、寒かった」と、舞台裏を暴露すると、かつて、「ケツテロ」と話題になった銭湯が題材のドラマに主演したことがある戸次は、「これは僕が悪かった」と“現場あるある”を事前に教えていなかったことをわびて、「本当の温度で撮影するとのぼせちゃうんですよ。ですから通常よりは低めにしてもらうんですが…、低すぎた、んだよね」とフォローしていた。



関連写真

  • (左から)戸次重幸、大西統眞、西田尚美 (C)ORICON NewS inc.
  • 謎の男・市川勇一役の戸次重幸 (C)ORICON NewS inc.
  • オーディションで主役に抜てきされた大西統眞 (C)ORICON NewS inc.
  • 石川発地域ドラマin 小松『いよっ!弁慶』の試写会に出席した(左から)戸次重幸、大西統眞、西田尚美 (C)ORICON NewS inc.
  • 石川発地域ドラマin 小松『いよっ!弁慶』の試写会に出席した戸次重幸 (C)ORICON NewS inc.
  • 石川発地域ドラマin 小松『いよっ!弁慶』の試写会に出席した大西統眞 (C)ORICON NewS inc.
  • 石川発地域ドラマin 小松『いよっ!弁慶』の試写会に出席した西田尚美 (C)ORICON NewS inc.
  • 石川発地域ドラマin 小松『いよっ!弁慶』の試写会に出席した西田尚美 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス