アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • キンプリ高橋&岩橋&神宮寺、主演ドラマ撮了 森本慎太郎の熱演に「本気で笑っちゃう」【コメント全文】

キンプリ高橋&岩橋&神宮寺、主演ドラマ撮了 森本慎太郎の熱演に「本気で笑っちゃう」【コメント全文】

 人気グループ・King & Prince高橋海人神宮寺勇太岩橋玄樹が、22日からスタートする日本テレビ深夜ドラマ『シンドラ』第6弾『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(深0:59)を早くもクランクアップさせた。撮影ではサッカー部の仲間として絆を深めあった3人。中二病の先輩・一色役を演じた森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)の熱演には「本番中、慎太郎の芝居に本気で笑っちゃう」と和やかな雰囲気をみせつつ、演技面でも切磋琢磨しあっていた。

 『ガンガンONLINE』(スクウェア・エニックス)で連載された、いづみかつき氏の人気コミックを原作に、実は漫画みたいな憧れの青春部活ライフを送りたい窪田(神宮寺)、どこまでもサボりたい西野(高橋)と大山(岩橋)らリアル部活男子高生によるバカバカしくも笑える日常を描いたコメディー。 劇中ではマンガのようなキラキラ青春パートとしてマコト(高橋)、セイヤ(神宮寺)、カズキ(岩橋)、コウキ(森本)と一人二役にも挑戦した。

 現場では中島広稀(松岡)、岡山天音(廣島)と古川琴音(小森)などチームメイトたちともすぐに打ち解けた。シュートを決めるという大切なシーンではゴールをはずせば「ドンマイ!」ゴールが決まれば「ナイスゴール!!」と声がかかるなどさながら本物の部活のよう。休憩時間には衣装部屋の狭い一角で、高橋、神宮寺、岩橋が並んで川の字で眠ったり、高橋が美術チームの仕事を手伝ったり、神宮寺が撮影カメラに興味を持ちカメラマンに質問したり、岩橋がサッカー経験者のスタッフとパス練習をしたり…とキャスト・スタッフの一体感が生まれていった。

 また超怖い顧問の上田こと、うえティー役の吉田鋼太郎がクランクインする日には、まるで役の顧問と部員のように、3人は朝から緊張の表情。撮影本番で吉田がアドリブを放つとカットとともに現場は大爆笑。そんな撮影をきっかけに高橋、神宮寺、岩橋も大先輩から芝居や役の貴重な話も聞けたようだった。

 物語では“部活をサボりたい”男子たちだが、撮影は本気そのもの。壮絶な雨降らしの撮影をみんなで乗り越えたり、ミスをカバーし合ったりと濃密な時間を過ごしていた。高橋は「これから何年経ってもこの作品のことは自分の中では絶対忘れられないんだろうと思います。チャレンジすることはたくさんあったけど、頑張ろうとしてる自分や、吸収しようとしている自分。今の自分だから、今の3人だから出せた空気が、絶対にあると思います」と自信を込めている。

■高橋海人
撮影期間を通して、ほんのちょっとだけ大人になれた気がしています。
壮絶な雨降らしの撮影をみんなで乗り越えたり、現場で失敗したときに「ファイトー!」って声をかけあったり、そういう日々が幸せでうれしくて、本当に部活みたいでした。
初めて尽くしの現場で学んだことがいっぱいあったし、これから何年経ってもこの作品のことは自分の中では絶対忘れられないんだろうと思います。チャレンジすることはたくさんあったけど、頑張ろうとしてる自分や、吸収しようとしている自分。今の自分だから、今の3人だから出せた空気が、絶対にあると思います。本当に楽しい現場でした。

■神宮寺勇太
撮影期間、窪田という役を愛して、このドラマにたくさんの気持ちを注いできたので、今は心に穴が空いたようです。海人と玄樹のことも西野と大山としてしか見られないほど窪田を自分の中に入れていました。
僕らを引っ張ってくださった吉田鋼太郎さんからは演技の姿勢や方法を学ぶことができたし、慎太郎との共演でも、お芝居をしているという感覚ではなく自然に楽しめたし、本当に貴重な経験ばかりでした。
今は、まさに部活を引退したときのようなセンチメンタルな気持ちですが、この貴重な経験を活かせる次の目標を探していきたいです。

■岩橋玄樹
人生でこんなに時間が短く感じたのは初めてでした。それだけ、初主演という思いが詰まっていました。
海人も初めてのドラマ出演で主演を務めるプレッシャーと戦っていたし、神宮寺も役の窪田を取り込もうと必死だったし、みんなで真剣に向き合って、本当に絆が生まれた作品になりました。吉田鋼太郎さんの温かい人柄、普段も一緒に過ごしている慎太郎など、みんなのチーム力で良い作品にできたと感じています。
こんな絆で結ばれてたなぁと、自分が昔部活をやってた時のことが思い出されました。
部活って、やっぱりみんなでやることが大事だし、それが一番楽しいっていう思いを、きっと見ている人たちにも感じてもらえる作品になったと思います。

■森本慎太郎
撮影を終えた率直な気持ちは「寂しい」です。でも、素晴らしい経験がたくさんできました。
僕の演じた一色という役はすごくカッコつける役で、普段の自分と全く違うからこそ、とても楽しく演じることができました。
そして、King & Princeの3人との共演が、本当に刺激的でした。普段の彼らを知っているからこそ、芝居をしている時のギャップだったり、仕事に対する姿勢だったりを改めて目の当たりにして、初心に戻って頑張ろうという気持ちが自然と湧いてきました。
すごく楽しい思い出ばかりだし、1人の男としても成長できた作品になりました。
この作品と、一色と関われて、本当に良かったです。



オリコントピックス