アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 【京都国際映画祭】三田佳子、決意新たに「女優として最後まで」 次男・祐也被告保釈後初の公の場

【京都国際映画祭】三田佳子、決意新たに「女優として最後まで」 次男・祐也被告保釈後初の公の場

 京都市内を中心に開幕する『京都国際映画祭2018』(11日〜14日)のオープニングセレモニーが11日、世界遺産に登録されている京都・西本願寺の重要文化財である南能舞台で開催された。アンバサダーとして女優・三田佳子(77)が登場した覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴された次男の元俳優の高橋祐也被告(38)について直接の言及はなかったが「女優として最後までやっていきたい」と現在の心境を語った。

 祐也被告は4度目の逮捕。11日の逮捕時には「親としては、もう力及ばずの心境です。このうえは、本人も40手前ですし、自らの責任と覚悟をもって受け止め、そして罪を償って生き抜いてもらいたいと思います」とコメントを発表していた。

 祐也被告が保釈されて以降、初の公の場となった三田は映画プロデューサーの奥山和由氏から「実の母のような方」と紹介されて登場。「きょうはアンバサダーという大変なお役目で、この席にお招きをいただきまして、大変、うれしく思っています」とあいさつした。

 三田が出演した映画『遠き落日』(1992年)が特別上映される。世界的な細菌学の権威として広く知られる野口英世の一生を、その母シカとの関係を通して感動的に描いた伝記ドラマ。「野口英世のお母さんを16歳から80歳ぐらいの長きを演じさせていただいた。奥山さんの『母のような』はうれしくもあり、びっくりもしています」と照れ笑いした。

 そして重要文化財である南能舞台に上がった今の心境を口にした。「清濁併せ持って人生っていうものは作られていく。身をもって、つくづく思うんです。きょうは、ここに上がらせてもらえて清らかな落ち着いた気持ちにさせていただいて、個人的にもあいさつできることは大変、うれしい」としみじみと語り「今後、三田佳子として、女優としてやっていけるのかもしれない」と気持ちを一新。そして「女優として最後までやっていきたいと思います」と決意を語っていた。

 同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、2014年に誕生し、今年で5回目。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画以外にもアート、パフォーマンス、工芸などさまざまな分野を対象に展開する。今年のキャッチコピーは「京都上映中。」。映画部門では、京都を代表する巨匠、中島貞夫監督の20年ぶりの長編最新作『多十郎殉愛記』がワールドプレミア上映される。



オリコントピックス