• ホーム
  • 芸能
  • ZOZO前澤社長、剛力彩芽と「交際は順調です!」 月周回計画は公私混同せず

ZOZO前澤社長、剛力彩芽と「交際は順調です!」 月周回計画は公私混同せず

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZO(1日にスタートトゥデイから社名変更)の前澤友作社長(42)が9日、東京・有楽町の外国特派員教会で民間人初の月周回計画『#dearMoon』のホスト・キュレーターとして会見した。

【写真】その他の写真を見る


 前澤氏は9月18日に、民間人初の月周回計画で、宇宙を題材にしたアート・プロジェクト『#dearMoon』の会見を、米国の宇宙開発企業スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)社で実施。スペースX社が開発を進めている超大型ロケット「BFR」で、2023年の月周回を目指している。前澤氏の「月を近くで見る、地球を丸く見るという価値のある体験をできる限り多くのみなさまと共有したいと考え、アーティストを招待し一緒に月に行き、インスピレーションを得て生み出された作品が、みなさまも心を動かし、性別や国籍や宗教の違いを超えて、人と人をつなぎ、笑顔にするきっかけを作りたい」という思いから計画は始動した。

 冒頭に前澤氏は「個人、前澤友作として楽しい会見にした」と切り出し、「なんでも聞いてください」と笑顔で話した。ZOZOで取り入れている“6時間労働制”で時間を作り、月周回に向けたトレーニングを行っているという。会社に行くのは週3〜4日で「会社以外で過ごす時間は大切」とも話していた。

 招待するアーティストについてはミュージシャン、画家、映画監督といった具体例を挙げながらも「分野はしっかり決めていない」とし、「まだ声をかける活動はしていません」としつつも「自分が、その方の作品を好き」というポイントも語っていた。

 宇宙に行くことは事故の危険性もあるが、「言い始めたらキリがない。アーティストも連れて行くので安全面の担保がないと『行きましょう』と言えない」ときっぱり。楽しみなことについては「地球を丸く見ること。今から想像するだけで涙が出るぐらい」と思いをはせていた。自身の子どもは月に行けると思っているそうだが「まずパパが先に行って見てくるからね」と説明しているという。

 前澤氏は女優・剛力彩芽と交際中で、2人の行動には多くの注目が集まっている。月旅行に剛力を連れて行く可能性を問われると「ご質問、ありがとうございます」と苦笑い。「僕以外、お連れする方は決まっていない」と公私は分けていることを明言。「本人は当然、このプロジェクトを知っていますし、大変、興味を持っています」と明かし、剛力が「私も行きたいな」と言っているそうだが、「今回は大きなミッション。それぞれのアーティストが、それぞれの役割を担って、キュレーターの僕自身もホストとして役割を担っている。ただ、楽しんでいく旅行とは違う。彼女に、もし役割やミッションがあって、全ての船員が受け入れてくれるのであれば彼女にも行くチャンスがあるのではないか。極めて真面目に私たちはやりたい」と公私混同はしないことを再度明言。そして最後に「交際状況は順調です」と笑顔を見せていた。

 また、前澤氏はプロ野球の球団経営にも意欲を見せていたが、進捗を問われると「まだ何も、お話できません。でも、動いていないこともない」と含みを持たせていた。

 昨年、約123億円でジャン=ミシェル・バスキアの絵画を落札し、世界に名を轟かせた。先月に月周回計画を発表したことで「『バスキアの前澤』から『月の前澤』にアップデートされた」と冗談交じりに語り、その知名度をZOZOの世界展開に生かすために「いいスタートが切れているのでは」と力を込めていた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 剛力彩芽との「交際は順調」と笑顔を見せた前澤友作氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 民間人初の月周回計画『#dearMoon』のホスト・キュレーターとして会見した前澤友作氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 剛力彩芽との「交際は順調」と笑顔を見せた前澤友作氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 民間人初の月周回計画『#dearMoon』のホスト・キュレーターとして会見した前澤友作氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 民間人初の月周回計画『#dearMoon』のホスト・キュレーターとして会見した前澤友作氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 民間人初の月周回計画『#dearMoon』のホスト・キュレーターとして会見した前澤友作氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス