• ホーム
  • 映画
  • 本名陽子「プリキュア」シリーズ化に感慨 開始当初は“1年だけ”も15周年に

本名陽子「プリキュア」シリーズ化に感慨 開始当初は“1年だけ”も15周年に

 声優の本名陽子引坂理絵が1日、都内で人気アニメシリーズ劇場版最新作『映画HUGっと!プリキュア○ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』(10月27日公開、※◯=ハートマーク)の公開直前イベントに参加した。

【写真】その他の写真を見る


 「プリキュア」はABCテレビ・テレビ朝日系で放送されている人気アニメシリーズ。15周年の集大成でもある同映画では、現在放送中の『HUGっと!プリキュア』と初代『ふたりはプリキュア』が力を合わせて戦う「プリキュアオールスターズ」が2年半ぶりに復活を果たし、さらに総勢55人のプリキュア声優陣が再び結集することが決まっている。引坂は『HUGっと!プリキュア』のキュアエール/野乃はな役、本名は『ふたりはプリキュア』のキュアブラック/美墨なぎさ役を務めている。

 大勢の子どもたちが集合し、会場は大盛況。それぞれの変身口上を言うと大きな歓声が上がり、引坂は「直で見ると、みんなかわいくて私が元気をもらえる」と笑顔を見せた。現在、1歳と3歳の子どもがいる本名は「実は『HUGっと!プリキュア』から、うちの娘と一緒にテレビシリーズを見始めたので、キュアエールに会えたという喜びがあった」とアフレコの思い出を語っていた。

 また、今年はシリーズ放送開始から15周年という節目の年。本名は「私がやっていた『ふたりはプリキュア』、『ふたりはプリキュア Max Heart』は当時、プリキュアという言葉自体がなかなか伝わらなかった」としみじみ。“プリキュラ”など、間違えて覚えられていたこともあったという。そして放送開始当初は1年だけと伝えられていたことも告白。それが「なんと15周年を迎えることになった。こんなに光栄なことはないなと思っています。本当にありがとうございます!」とファンに感謝していた。

 一方の引坂は「私自身も『ふたりはプリキュア』を見ていた。こうやって15年経って私もプリキュアという作品に関わることができて不思議な気持ちもありつつ、思い出をつないでいけたら、それがすごく幸せ」と口にした。

 映画では初代と放送中のプリキュアが力を合わせて戦う。引坂は「新しい仲間、ほかにも心強い仲間がいるんだなと感じられている。それはステキなことだし、みなさんで共有していただけたら」と呼びかけた。本名は「55人のプリキュアが出る。史上最多で、まさに『ぶっちゃけ、ありえな〜い!』っていう感じでした」とキュアブラックの口癖を再現し、会場を沸かせていた。



関連写真

  • 「『プリキュア』シリーズ化に感慨」と話す本名陽子 (C)ORICON NewS inc.
  • 演じるキュアブラックと登壇した本名陽子 (C)ORICON NewS inc.
  • 子どもたちと触れ合う(左から)キュアブラック、本名陽子、引坂理絵 、キュアエール (C)ORICON NewS inc.
  • キュアエールと登場した引坂理絵 =劇場版最新作『映画HUGっと!プリキュア○ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』(※◯=ハートマーク)公開直前イベント (C)ORICON NewS inc.
  • イベントに出席した(左から)本名陽子、引坂理絵 =劇場版最新作『映画HUGっと!プリキュア○ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』(※◯=ハートマーク)公開直前イベント (C)ORICON NewS inc.
  • 「プリキュア」の思い出をつないでいきたいと話した引坂理絵=劇場版最新作『映画HUGっと!プリキュア○ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』(※◯=ハートマーク)公開直前イベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス