• ホーム
  • 映画
  • 北川景子、欅坂46平手友梨奈を思い涙「ずっと見守ってきたから…」

北川景子、欅坂46平手友梨奈を思い涙「ずっと見守ってきたから…」

 人気アイドルグループ・欅坂46平手友梨奈、女優の北川景子が14日、都内で行われた映画『響 -HIBIKI-』の初日舞台あいさつに出席。今作で平手と初共演を果たした北川が、“主演・平手”の魅力を語る中で涙をみせる一幕があった。

【写真】沖縄の太陽のもと…白肌まぶしいキャミワンピの平手友梨奈


 同映画は、『マンガ大賞2017』で大賞を受賞した柳本光晴氏の人気漫画『響〜小説家になる方法〜』を実写化。平手は、映画デビュー作品にして初主演に抜てきされ、処女作が直木賞&芥川賞でWノミネートという歴史的快挙を成し遂げる15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を熱演。北川は、信念を曲げず建前やごまかしを許すことができない性格で、時に暴力的な行動にも出てしまうエキセントリックな響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみを演じた。

 北川は、今回の共演で「平手さんにとって初めての映画。また映画界に戻って来たいと思ってもらえるよう」に撮影に臨んでいたと告白。姉妹のような仲の良さも垣間見せ、平手から「いい思い出だったし、いい出会いでした。(北川がバディ役で)本当によかったです」と感謝されると、北川は「泣いちゃう」と感激していた。

 原作者・柳本氏がサプライズで手紙を寄せ、平手の存在感を改めて絶賛。北川も同調する形で「すごい表現力のある人。クリエイティブな精神を持っている人なので、型にはめ込み過ぎることなく、自由にやってもらったらすごくいい響になると思っていた。そうしたら(撮影)初日から輝いて、スパークしていた」と賞賛の言葉を送った。

 無事に封切りを迎え、安堵の表情を浮かべた北川は「ずっとお見せしたいと思っていたから、うれしいです」と語ると、思わず涙がポロリ。カメラに背を向け、涙を拭うと「感極まっちゃいました。ずっと見守ってきたから、公開できて彼女(平手)のためにもよかったと思います」と話し、客席から温かい拍手を浴びていた。

 舞台あいさつにはそのほか、アヤカ・ウィルソン高嶋政伸北村有起哉板垣瑞生月川翔監督が出席した。



関連写真

  • 平手友梨奈(左)を思い涙する北川景子 (C)ORICON NewS inc.
  • 平手友梨奈(左)を思い涙する北川景子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)月川翔監督、板垣瑞生、アヤカ・ウィルソン、平手友梨奈、北川景子、高嶋政伸、北村有起哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 平手友梨奈=映画『響 -HIBIKI-』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 高嶋政伸=映画『響 -HIBIKI-』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • アヤカ・ウィルソン=映画『響 -HIBIKI-』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 板垣瑞生=映画『響 -HIBIKI-』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 北川景子=映画『響 -HIBIKI-』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 北村有起哉 =映画『響 -HIBIKI-』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス