アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 徳重聡『下町ロケット』新キャストに決定 佃製作所に新加入「熱い思いで演じております!」

徳重聡『下町ロケット』新キャストに決定 佃製作所に新加入「熱い思いで演じております!」

 俳優の徳重聡が10月スタートのTBS系日曜劇場『下町ロケット』(毎週日曜 後9:00)に出演することが、わかった。2015年10月に放送され人気を集めたドラマの続編となる今回、新シリーズからの追加キャストとして佃製作所の孤高のエンジニア・軽部真樹男を演じる。徳重は「撮影現場のピリピリとした緊張感は凄まじいものですが、とても楽しい毎日です。熱いメンバーの中で、 ひとり冷めている軽部ですが、私自身はとても熱い思いで演じております!」と手応えをにじませている。

 同ドラマは15年の10月期に放送し好評を博した『下町ロケット』の新シリーズ。第145回直木賞を受賞した池井戸潤氏の小説『下町ロケット』シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』(小学館)を原作に、阿部寛演じる主人公・佃航平が率いる佃製作所メンバーの新たな戦いが始まる。

 軽部真樹男は佃製作所が新規事業として参入するトランスミッションのメーカーに勤めていた経歴があり、佃製作所の命運を左右する男。立花洋介(竹内涼真)、加納アキ(朝倉あき)とともにトランスミッションの開発に心血を注ぐが、ぶっきらぼうでドライな性格。それゆえにたびたび周囲と衝突することも。しかし、仕事への情熱は人一倍で、秘めた想いを抱えており…。

 徳重は2000年に21世紀の石原裕次郎を探すべく開催された新人発掘オーディションで5万人を超える応募者の中からグランプリを獲得して芸能界デビュー。以来、数々の作品に出演してきたが、所属事務所の大先輩であり、帝国重工の次期社長候補の切れ者・的場俊一を演じる神田正輝と同局初共演を果たす。それぞれ立場は違うが、譲れぬ矜持を持って仕事に取り組む姿にぜひ注目だ。


■徳重聡コメント
「大変多くの方々から愛されている『下町ロケット』の佃製作所の一員になることができ、本当にうれしく 思っております。私の演じる軽部真樹男は、人と接するのが少し苦手な実力派の中堅エンジニア。
撮影現場のピリピリとした緊張感は凄まじいものですが、とても楽しい毎日です。熱いメンバーの中で、ひとり冷めている軽部ですが、私自身はとても熱い思いで演じております!」



オリコントピックス